臼蓋形成不全一覧

臼蓋形成不全でお困りの方に向けての情報などを記載しています。

股関節疾患の方の歩行の特徴とは?

股関節疾患の方の歩行洋式は股関節に対して直接荷重することを避けるため、歩行の際の推進力が少なくなります。そのため下腿(ふくらはぎ)の筋肉もしくは腰を反らせることで、代償します。これは本来の正しい使い方とは異なりますので、当然余計な負荷がカラダにかかってくることになります。

臼蓋形成不全のリハビリで効果を感じられないのはなぜか?

術前にリハビリを受けることができても、術後を見越した内容であり、手術をしないためのリハビリではないため、一人ひとりに合わせた個別のメニューを指導されることは少なく、運動内容を記したプリントなどを渡され、中途半端になりがちです。

足が正しくつければ股関節痛は良くなる

正しく足をつくということは股関節の関節軸がブレることなく多関節筋によってスムーズに動かす(もしくは固定する)事ができるということになります。これは股関節疾患にかかわらず下肢の痛みを抱えている方の殆どに当てはまり、改善すると股関節の痛みは良くなることが多いのです。

臼蓋形成不全の保存療法をもっと認知してほしい

下関には股関節疾患の治療で有名、もしくは評判の良い病院がない、注射や手術などと違い、即効性に欠け時間がかかってしまうリハビリを積極的に行いにくい。また、個人個人の努力、対応する理学療法士によっても結果が変わってしまうなどといった理由が考えられると思います。

股関節痛の人は筋トレをしてはいけない

筋肉については筋力をつけるよりはまずは筋肉のコンディションを柔らかく適切に働くようにすることが大切になります。(関節運動の邪魔を極力させないように)このようにすることで不必要な可動性の低下を防ぐことが出来、股関節の状態とは直接関係ない筋肉の痛みを排除しやすくなります。

臼蓋形成不全ではライフスタイルの変化に注意

ヨガを始めた、太極拳を初めた、マラソンを初めた、お産を経験した、内臓の手術をしたなど・・・ライフスタイルの変化によって痛みを訴える方が多い印象を持っており、これは多くの可動性を必要としたり、同じ動作を繰り返したり、筋肉のバランスが崩れたりしやすい状況と言えると思います。

臼蓋形成不全の体重のかけ方は股関節に負担をかける

横から見たときに股関節の真下に足が来ていない(股関節がくの字になった状態のまま)で体重が最もかかっているというパターンの歩行様式を取っていることが非常に多いのです。このような場合は骨盤にも影響を与え腰痛の原因にもなることがあります。