サッカー一覧

サッカー

サッカー少年が押されたわけでもないのにコケる理由とは・・・

重心位置のコントロールが苦手な選手の多くは、猫背やカラダの硬さを自覚できています。 猫背の場合上半身の重心が後方に残り、ボールを奪うために足を前に出すと背中を曲げて後ろに傾かせるしか方法がなく、ただでさえ後ろに倒れそうな状態にあるカラダは後ろに倒れやすくなります。このような理由で、ボールを奪いに行った際に押されたわけでもないのに後ろにこけてしまうのです。