足の指が常に浮いてませんか?足の機能が低下しているかも・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

足の指が浮くのは足の機能低下

足の裏は本来、土踏まず以外の部分がしっかりと接地し、地形の変化などに対応できるような機能を持っています。

「指で地面をつかむ」

といったような表現を聞いたことがあると思います。

足の指を含む足裏全体をバランスよく使えることは非常に重要です。足の裏のどの部分に重心がかかっているかで、身体の様々な部分の力の入り方に違いが出てくるのです。

つまり、常に同じ部分ばかりに力が入ると、腰や背中なども同じようなところに力が入りやすく、負荷が集中してしまいます。こうなってしまうと痛いところをストレッチしたりしても簡単には良くなりません。

そこで、注目していただきたいのが足の指です。

普段から足の指が浮きがちな方は足の甲の部分に腱(いわゆる筋と言われる部分)が浮き上がっていることが多くあります。

浮き指などと呼ばれることがあります。

このような方は足の指をしっかりと曲げたり、足首をしっかりと下に向けたりすることが十分にできなくなっています。

実際にしっかりと動かすと痛みが出る人が非常に多くおられます。

フィジカルプラスでコンディショニングを受けられる方のほとんどが足首や足の指の機能低下があります。

足には非常に多くの関節があり、元々可動性のある部分ですので、しっかりと動かせるだけでも腰や首の痛み、肩こりがなくなる方もおられます。(カラダの使い方が変化するためです)

ハイヒールをよく履く方

サッカーなどのスポーツをされる方

緊張しやすいと感じる方

まず、ご自分の足の指を確認してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー