ダイエットのための糖質制限を考えている方へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

糖質制限についてはダイエットを考えている方にとっては興味津々ではないでしょうか?

糖質制限自体が良いか悪いかということは別として体脂肪を落とそうと思った時に気をつけた方がいい糖質についてお話しをしていこうと思います。

まずは糖質を制限すると痩せるのか?ということから
カギを握るのはインスリンというホルモンです。通常ごはんやパンなどから摂取した糖質が体内に吸収されると、血糖値が上昇します。この血糖値を安静レベルまで下げるためにすい臓からインスリンが分泌されて肝臓や筋肉に血糖を蓄えます。
筋肉と肝臓に貯められる血糖には限界があります。最終的に脂肪細胞の分解を抑えるため糖質が多すぎると太りやすくなるのです。
要は糖質を取り過ぎないようにして、インスリンの分泌量を調節するということがポイントに成ります。

通常糖質制限ではタンパク質脂質などは摂って良いと言われていますが、これはカロリー制限をしてしまうと筋肉量が結果として減ってしまうためです。ただし、摂取カロリーと消費カロリーの収支はあまりにも違いすぎるとどうなのか?ということがあるので、無尽蔵に肉類などを食べることは気をつけたほうが良いと思います。

さらに一番気をつけたいのは急激なインスリン分泌で、気をつけるべきは朝食です。
朝食は夜の間何も食べていないため、ごはんやパンはもちろんスムージー、グラノーラなど糖質が多いものを取ると食後高血糖が急激におこるためすい臓にも負担がかかります。
食事と食事の時間が空く方はゆるやかに血糖値が上がる物を摂取するほうが体に負担が少なくなります。

さらに糖質を食べたとしても、すぐに動くと運動の刺激は血糖値をインスリンとは別に下げる効果があり、すい臓の披露も助けます。もちろんすぐに激しい運動は出来ませんが、階段昇降や足ぶり尚でも血糖値は下がりやすくなるのて、食直後に散歩したりエレベーターを使わう階段を利用するなどするだけでも食後高血糖は防ぐことが出来るため結果として痩せやすくなります。

そして、運動についてですが、糖質をとらずに運動を行ったほうが脂肪は燃えますが、飲まず食わずで行うと脱水症状や血液量が減ってしまい心拍数が無駄に上がり辛くなります。事前の水分補給は当然不可欠で、朝一番に運動を行うのであれば水分をしっかり補うことが重要です。

体脂肪を落としたい方は無理せずよく考えて糖質制限は行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー