横から見た股関節疾患の方の歩行の特徴とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

股関節疾患をお持ちの方の歩行様式には特徴があります。股関節痛でお悩みの方は今一度ご自分の歩き方の特徴を確かめてみてはいかがでしょうか?

今回は横から見た際の特徴について図を使って紹介したいと思います。

以下の図をまずはご覧ください。

図を見比べてみていかがだったでしょうか?自分自身の歩き方はどちらに近かったですか?

左図に比べて、右図の股関節がしっかりと後方へ動いていないことがわかると思います。何故このようになるかというと、痛みのある股関節に対して直接荷重することを避けるためです。その分歩行の際の推進力が少なくなるため下腿(ふくらはぎ)の筋肉もしくは腰を反らせることで、代償します。これは本来の正しい使い方とは異なりますので、当然余計な負荷がカラダにかかってくることになります。

また股関節や太もも前面の筋肉が常に収縮を強いられるため場合によっては膝が痛くなったり、太ももが痛くなったりすることがあります。

反対に股関節後方の筋肉や太ももの裏の筋肉はうまく機能せず、余計に筋出力のバランスが崩れていきます。このような状態を常に続けていたら痛みが出てしまうのは当然ですよね。

このようにならないためにもまずは固くなった股関節周囲の筋肉を柔らかくすること。更には関節可動域(特に伸展方向)をしっかりと維持・拡大してあげることが大切です。たとえ筋力的に低下していても左図のような股関節の使い方が行えると痛みが解消され歩様が良くなります。

自分自身の歩きかたはなかなか自分自身気が付きにくい部分ですので、一度スマホなどで歩き方を動画で撮って確認してみると良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

地域の特集ページに掲載されました!