椎間板ヘルニアは鍼や整体で治るのか?

本当にヘルニア自体が本当に良くなったのでしょうか?

通常、腰痛があると医療機関でレントゲン等を撮り椎間板ヘルニアの診断をして頂くと思います。

最近では椎間板ヘルニアがあっても、明らかな筋力低下や神経症状、膀胱直腸障害などがない場合のほとんどは保存療法として安静や理学療法などを行うことが多くなっています。

椎間板ヘルニアは一生ものではない

実は椎間板ヘルニアは一生ものの病気ではないと言われています。

殆どのヘルニアが時間が立つに連れて自然に吸収され消えていくからです。

つまりほとんどの椎間板ヘルニアは自然に治るのです。

このようなことがわかってきたため最近ではすぐに手術というふうにならないようです。またヘルニア自体があっても痛みやしびれなどが全く無い方もおられます。

針や整体などで椎間板ヘルニアをどうにかしたいとお考えの方のほとんどは、痛みでお困りだと思います。以下で椎間板ヘルニアの痛みについて紹介していきます。

ヘルニア自体は実は痛くない

勘違いされている方も多いのですが、脳や脊髄神経には痛みを感じる組織はなく脊髄が椎間板ヘルニアによって刺激されても本来は痛みを感じることはありません。

通常刺激されると麻痺が起こり感覚が鈍くなります。

ではなぜ痛みが出るのでしょうか?

実際には神経に炎症が起こると、ヘルニアによる圧迫が刺激となりその部位が支配しているカラダの部分に痛みを感じるようになります。

炎症を起こし、神経を圧迫 して「痛み信号」を出してしまうということです。

この痛み信号により痛みの出ている部分の筋肉などが過剰に反応して固くなり、余計に痛みを強くしてしまうことが有ります。

当然ながら、直接ヘルニアに触れることの出来ない鍼や整体の施術ではこの過剰に反応した筋肉に対して行うということになります。ヘルニア自体が良くなるわけではないということがわかると思います。

しかしながら、影響を受けている筋肉のコンディションを整えると、投薬などの炎症に対する治療と組み合わせることで早く痛みから開放されます。

まとめ

ここまで読んでいただいた方は、ヘルニア自体はは自然に良くなるということが少しわかって頂けたのではないでしょうか?

腰の痛みが取れなかったり、足にしびれがあって椎間板ヘルニアと診断されて痛みが取れない場合はとにかく痛みを取り除きたいと考えると思います。

しかし、ほとんどは自然に良くなるので、痛み止めと硬くなった腰回りなどの筋肉をしっかりと柔らかく保つための手段を探してみましょう。

痛みが長く続くと痛みが取れにくくなります。早めの対処が大切です。

ただし、緊急性を要するものもありますので、まずはしっかりと医療機関で診断を受けていただくことを強くオススメします。