変形性股関節症の症状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

変形性股関節症の症状

変形性股関節症の主な症状には、股関節痛と機能障害があります。股関節は鼠径部(脚の付け根)にあり、初期では立ち上がり動作、歩きはじめ、立ち仕事の後などに痛みを感じます。

症状が進行していくと、痛みが強くなり、痛む範囲が大きくなったりします。また痛みが常にあり、場合によっては安静時や夜間に持続的に痛むようになってきます。このようになると日常生活において様々な制限が発生し不自由を感じるようになります。

日常生活では、股関節の関節可動域が狭くなるため、足の爪切りができない、靴下が履きにくい、和式トイレや正座などが徐々に難しくなっていきます。(特に屈曲方向が多い印象です)

痛みが強くなるにつれて長時間の歩行や、立ち仕事が辛くなって徐々に活動範囲が狭くなっていきます。

原因

多くの患者さんは女性であり、後遺症や股関節の形成不全といった、生まれついての病気や発育障害の後遺症が主なもので股関節症全体の80%といわれています。特に明らかな原因となる病気などに罹ったことが無くても加齢や生活習慣などにより変形性股関節症は発症する場合があります。

診断について

上記のような症状がある場合、医療機関において医師による問診や診察などのあとで、股関節の可動域制限(機能検査)やX線写真をみて診断します。必要に応じてCTやMRIなどの検査を行う場合もあります。

初期の段階では関節が細かったり、変形しているだけですが、症状が徐々に進んでいくにつれて臼蓋といわれる屋根の部分と大腿骨頭との隙間が狭くなったりします。(軟骨の厚さが薄くなる)

さらに進行期、末期となると、関節の中や周囲に骨棘(骨のトゲのようなもの)が形成されたり、骨嚢胞と呼ばれる骨の空洞ができることがあります。最終的には荷重部の関節軟骨が消失、軟骨下骨が露出して関節としての機能を失っていきます。

一般的な治療について

初期のうちは、どのような状況になると痛みが強くなるか?自分自身の調子を観察し、日常生活において痛みを悪化させない使い方を身につけることが大切です。

一般的には痛み止めの薬を適時使用し、過体重があるようであれば、ダイエットを進められたり、杖の使用を薦められることがあります。水中歩行や水泳を薦められることもあります。

その他、理学療法を中心とした運動療法を処方する医療機関もありますが、進め方によっては疼痛を誘発してしまう可能性があり、積極的に勧めていく医療機関は少ないようです。

実際には適切な保存療法を行うと変形の度合いや軟骨の状態に関係なく、痛みや日常生活における不自由さは改善されていくことが多いのですが、まだまだ手術療法が主体であり、保存療法については理解を得られにくいと思います。

最終的には症状が取れない場合は手術療法を考えます。初期のうちでしたら自分の骨を生かして骨切り術を行ったり、関節の変形がすすんで状態が悪いと人工股関節手術となります。

手術療法となった場合は術式によって生活において様々な制約が生まれてきます(侵入方法で動かしてはいけない方向が全く違ってきます)ので、まずは医療機関などの情報収集をしてみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*

CAPTCHA