臼蓋形成不全は変形性股関節症から手術へとなるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

臼蓋形成不全という診断と手術は突然あらわれる

股関節に痛みを感じて医療機関を受診してみたら、今まで聞いたこともないような臼蓋形成不全という病名を指摘され、さらにはいつか変形性股関節症になると言われ、未来には手術が待っていると宣告を受けることがあります。ここ下関でも冗談でもなんでもなくこのように言われて凹んでご来店される方がおられます。

受診される先生によって表現は様々かと思いますが・・・いずれはというニュアンスで言われる方が多い印象です。(たまにすごく酷い言い方をされる事もあるようです。)

個人的にはちょっとした違和感をほったらかさなければ怖がりすぎる必要はないと思います。フィジカルプラスへ臼蓋形成不全の診断後お越しの方のほとんどは、ある程度年齢を重ねて急に臼蓋形成不全を指摘されています。(30代から60代まで年齢層は広いです)

お越しの方の殆どは、はじめのうちは股関節周りの違和感であったり、立ち仕事や長時間の歩行後に痛みが出るという状態の方が多く、時間が経つと違和感が消えてしまうため、ついついそのままほったらかしてきたが、いつの間にか足が開きにくかったり、痛みが取れない状態になって受診されています。ここを見ていただいている方にまず気をつけていただきたいのは、このような身体の異常を無視せずに、股関節に少しでも違和感を感じたらほおっておかないことです。

日本人女性に多いと確認されている臼蓋形成不全は世界の多くの国では影響がないなどと言われていたりもしますが、和式の生活環境とかなり違いがあるため単純には比べられないでしょう。

臼蓋形成不全と変形性股関節症

個人的には臼蓋形成不全があると変形性股関節症(ここでは股間節自体が変形するという意味で使ってます)になり、最後は手術となるとは言えないのではないか?という風に思っています。ただし、変形自体はどんな方でも起こりうるため、最終的に生活に支障が出たり、後々手術が必要になるという状態にならなければ良しということです。(日本では臼蓋形成不全があると変形性股関節症と診断されています・・・)

臼蓋形成不全そのものはさておき、股関節に余計な負担をかけてしまうかもしれない日本独自の生活習慣やそれに伴う他の部位の影響についていくつか例を挙げてみます。

・和式の生活(しゃがむことが多い)

・特徴のある姿勢(体幹機能を構成するお腹や背中などの筋肉)

・歩き方(和服など)

・スポーツ活動や趣味(特にヨガや太極拳など大きな股関節の可動域を必要とするもの)

・日常の活動量(立ち仕事が多いなど)

上記のような例があるかと思いますが、主に多くの可動性を必要とする動作や繰り返し同じ動作をするものが股関節に負担をかける因子と考えられます。

実際にはヨガを始めた、太極拳を初めた、マラソンを初めた、お産を経験した、内臓の手術をしたなど・・・ライフスタイルの変化によって痛みを訴える方が多い印象を持っており、これは多くの可動性を必要としたり、同じ動作を繰り返したり、筋肉のバランスが崩れたりしやすい状況と言えると思います。

このような状態を続けてしまうと徐々に姿勢も崩れ歩行様式もぎこちない不格好なものになり、最終的に爪が切れなくなったり、和式の生活ができなくなるなどして生活に多大な影響を及ぼしてしまいます。このような状態になったあとで手術を考えるのは非常に大変です。臼蓋形成不全があるから変形して最終的に手術をと安易に考えるのではなく、普段からのご自身のカラダの状態をしっかりと把握し、どのようにすれば股関節に不必要な負担をかけずに生活できるか?など、どうすればよいかと悩んだら専門家に相談してみると良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー