臼蓋形成不全や変形性股関節症の方に思うこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

股関節の痛みがなかなか取れず、整形外科受診をしてみたら、臼蓋形成不全や変形性股関節症の診断を受けて、痛み止めなどを処方、病院では何もしてくれないの?と落ち込んだ状態でやって来られる方が結構おられます。

また、痛みはあってもどこも悪く無いですよ。などと医療機関で言われてしまうことで余計に悩みます。どこも悪くないのに、何で?とか、様子を見ましょうなど言われてしまうので本当にお困りです。

股関節疾患の初期の段階では殆どの場合は股関節周囲筋の痛みであることが多く、その痛みをかばうことで、股関節周囲の筋肉がこわばったり硬くなったりするため、次第に股関節の可動性が低下し本来の股関節の機能を発揮できなくなります。

筋肉は通常のレントゲン上には写りませんので、どこも悪くないというのも当然といえば当然ですよね。

股関節の疾患にかかわらず、下肢の疾患ではほぼ両側を使って立つ、歩く、立ち上がるため、どちらか片方にでも問題が出ると上肢と違って様々な動作の影響が出てきます。日常的に行う動作ですので、それを行わないという選択肢はほとんどないため、しばらくかばっていると一日中痛みが気になるようになってきます。

カラダを正しく使うということは痛みがあると本当に難しく、何らかのきっかけが必要なのですが、そのきっかけはなかなかつかめず、自己流でかえって悪くしたり、効果を感じられないのに同じことを繰り返している方が非常に多いことが驚きです。

膝ではまず最初に保存療法となるのに股関節ではすぐに手術を勧められると言うのは少し残念に思います。

もちろんすべての疾患が保存療法で良くなることはありえません。私も元々医療機関で理学療法士として勤務していましたので、それはよくわかっているつもりです。しかしながら、多くの方が医療機関で勧められたり、情報を得たりして

杖をついて歩く

プールで歩く

体重を落とす

など、様々なことを頑張っている場合がありますが、それだけだと結果が出る方は非常に少数になると思います。本音を言えば、これらで良くなった方を私は見た事がありません。もちろん良くなったから医療機関を受診していないだけと言う可能性もありますが、以下のように

1 関節可動域の確保

2 正しいバランスでの筋収縮

3 正しい股関節の使い方、歩き方(足の降り出し方やつき方)

は自分1人ではなかなか思うような結果を出すことは難しいでしょう。

臼蓋形成不全や変形性股関節症があって、股関節痛にお悩みの方は今一度上記の事柄について本当に正しくできているかどうか確認してみませんか?

杖をついて歩いている、プールで歩いている、筋トレを頑張っている方々、改善の方向へ進んでいない場合はまずは今のご自身の状況を今一度確認して、今自分自身に何が必要なのかを専門家にご相談下さい。

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

地域の特集ページに掲載されました!