若い世代の臼蓋形成不全の発覚と手術宣告で悩まないように

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

30代、40代で自分自身の股関節の異常に気がつく方が多く、股関節症の診断を受ける方も増えています。その多くは子育て世代で自分のことよりも子供のことを中心とした生活を送っています。

臼蓋形成不全が発覚し、先天的なもので治らないと聞き極端に落ち込んだり、いずれは手術をしなければならないと、若くして手術宣告をされてしまう方が多数おられますが、現在の日本ではこれらの症状に対してしばらく様子を見る、自主トレを頑張るなどの選択肢くらいしかないことが多く、結果として本人の望まない手術に至ることがあります。

手術して良いのだろうか?
手術しなくて済む方法はないのか?

といったことで悩み、ジムで筋トレをしたり、様々な民間療法、医療機関での保存療法を試す方が非常にたくさんおられます。本当にみなさん様々なことを試されていますが、思うような結果につながらない方が多いのです。

最終的に手術になったとしても、その前にやれることが多くありますが、情報や指導をしてくれる場所は少なく困っている方が多いのです。人工関節の耐用年数はおよそ20年と言われるので、早い時期に手術を行うと高齢になってから再置換術を行わないといけないことがあります。可能な限り手術時期は遅らせることも念頭において下さい。

仮に手術をしてもそれ以前の股関節周囲の筋肉や筋力が弱かったり、歩き方や日常生活における姿勢や動作に問題を抱えていると思ったような結果になりづらいのです。したがって、手術をする前にご自分の股関節の状態について出来る限り良いコンディションを保つということが大切になります。

初期の軽い症状がある時期でも、実際には様々な左右差があり効率的に歩くことができていない方がいます。このような方では出来る限り左右差をなくし、体に負担の少ない効率的な歩行様式を得ることが出来るようにすることが大切です。特に股関節の可動性は一度失われると取り戻すことが非常に難しいため注意が必要です。

進行期や末期の方では、変形性股関節症でよく見られる、見た目の悪いぎこちない歩行様式も出来る限り変えていきます。この時期になるとかなりの方が可動域の制限をお持ちですが、無理やり可動域を広げるということはせず、動く範囲がスムーズに動かせることを目的にします。実際に歩き方が変わると痛みも変わってきます。

知らず知らずのうちに痛みを作っている動作と決別することが大切だと言えると思います。

フィジカルプラスにご来店の方も少しの努力で改善できるような問題であることが多く、きちんとした施術とトレーニングを行うだけでかなりの方が驚くほど変わります。

最初のきっかけづくりが私の仕事です。
悩んだら一度ご相談下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

地域の特集ページに掲載されました!