変形性股関節症の保存療法に杖や減量は必要か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

股関節に痛みがあり、整形外科受診して変形性股関節症の診断を受けると痛みが強ければ

「杖をつきましょう」「減量しましょう」などと言われることが多くあります。

杖や減量は確かに股関節に対する負荷を減らすことは可能ですが、正しく理解しておかないと不必要な筋力低下、股関節の可動性の低下を招くことがあります。

実際には早い段階で痛みの度合いや関節可動域に注意しながら正しく股関節周囲の筋力や筋肉のバランスを整えていくことのほうが重要です。また、痛みを恐れるばかりに杖をつくことで必要以上に股関節をかばってしまい、本来必要な機能を失ったり、杖をつく手や肩に痛みが出ることがあります。

減量についても、股関節に係る負担は減少しますが、それよりも普段の動作や姿勢が痛みを作り出していることが多く余程のことがなければあまり気にしすぎる必要はありません。実際に体重はすごく軽くて、変形も少ないのに痛みが強かったり、体重が重くて変形が強くても痛みをあまり訴えな方もたくさんいます。

一口に変形性股関節症といっても症状は様々で痛みの出る部分も人によって違います。個人差も多いため単純にここを鍛えればいいということもほとんどありませんし、プールでひたすら運動したからといって良くならないことのほうが多いのです。

理学療法士としての経験から言っても、長期間にわたり特有のかばった姿勢をとり続けて来た方ほど、術後の脚長差などの問題が残ってしまうことが多くあります。

「左右で足の出方が何となく違う」「カラダがひょこひょこ揺れてしまう」

などの状態が気になっている方はすでにカラダをかばっています。

まずは専門家に相談しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー