変形性股関節症の保存療法に杖や減量は必要か?

杖と減量についてどう考えるか?

股関節に痛みがあり、整形外科受診して変形性股関節症の診断を受けると痛みが強ければ「杖をつきましょう」「減量しましょう」などと言われることが多くあります。

杖や減量は確かに股関節に対する負荷を減らすことは可能ですが、正しく理解しておかないと不必要な筋力低下、股関節の可動性の低下を招くことがあります。変形性股関節症と診断を受けたら、まずは以下を確認してみてください。

筋肉と関節可動域に注意を向ける

変形性股関節症と診断された場合、手術をするほどでないと言われたら、杖や減量について指導されることがあると思います。しかし、実際には早い段階で痛みの度合いに注意しながら関節可動域が急激に狭くならないように正しく股関節周囲の筋力や筋肉のバランスを整えていくことのほうが重要です。

また、痛みが強い場合は、痛みを恐れるばかりに杖をつくことで必要以上に股関節をかばってしまい、本来必要な関節や筋肉の機能を失ったり、杖をつく手や肩に痛みが出ることがあります。

減量についても、股関節に係る負担は確かに減少しますが、よほどの肥満体型でなければ、普段の動作や姿勢が痛みを作り出していることが多くあまり気にしすぎる必要はありません。

股関節の痛みの状態は人によって全く違う

実際に体重はすごく軽くて、変形も少ないのに痛みが強かったり、体重が重くて変形が強くても痛みをあまり訴えな方もたくさんいます。

一口に変形性股関節症といっても症状は様々で痛みの出る部分も人によって違います。個人差も多いため単純にここを鍛えればいいということもほとんどありません。

筋力を落とさないために、プールでひたすら運動したからといって良くならないことのほうが多いのです。

理学療法士としての経験から言っても、長期間にわたり特有のかばった姿勢をとり続けて来た方ほど、脚長差などの姿勢に関わる問題が残ってしまうことが多くあります。

「左右で足の出方が何となく違う」「カラダがひょこひょこ揺れてしまう」などの状態が気になっている方はすでにカラダをかばっています。

杖のつき方について確認しましょう

初期の段階で杖をつくように整形外科やリハビリ施設で指導を受けることがあるかと思います。一般的にはT字杖をと呼ばれる以下のような杖をつくことが多いと思いますが、杖の高さであったり、持ち方、どこの位置につくのかということまでしっかりと指導されていることが少ないのが現状です。正しく使えると、杖は武器になります。以下でチェックしていきます。

杖の高さ

教科書的には肘を30度に曲げたときの高さ、もしくは股関節の大転子の高さと言われますが、一般の方には分かりづらいと思います。このような合わせ方だと、背骨が曲がったりしている年齢層の方では杖が長すぎるということが起こります。

わかりやすい方法としては立った状態で腕時計をつけた位置に合わせるということになります。

よくある杖の間違った持ち方

人差し指まで杖の持ち手を握りしめてしまう。このようにすると手首が不安定となり、必要以上に手に力を込めてしまい、腕や肩に痛みが出てしまいます。

杖を握る際に中指まで杖の前方を握り込む。これは高齢者に多く、杖に必要以上に頼っている場合に多くみられます。これも腕や肩に痛みが出てしまいます。

親指の付け根が杖の持ち手のくぼみより後ろにある。これも高齢者に多く、必要以上に杖に頼っている場合に見られます。

正しい杖の持ち方

親指の付け根を杖の持ち手のくぼみに合わせて人差し指を杖に添えます。場合によっては人差し指を少し前に持っていってもオッケーです。

このような持ち方をすると必要以上に杖に頼りすぎることなく、適度に力が入ります。今現在杖をついている方は持ち方をしっかりと確認してみてください。

杖をつく位置

大まかにですが、杖をつく位置はつま先の前15センチ程度、横15センチ程度を意識してみてください。後ろになると杖に頼りすぎるようになるので特に前方へはつくように心がけてみてください。

まとめ

以上簡単にですが杖について述べてきましたが、ここで述べている以外にも杖をどちら側につくか、つくタイミングなど様々な要因があります。杖をつくかつかないかは個人個人の体の状況によって違ってきます。必要以上にかばったり、体重を落とすことはおすすめしません。

はっきりと理解していただきたいのは痛みをかばうために杖に頼りすぎないことです。そのためにも一度自分自身の杖について確認していただければと思います。

ご不明な点はメール等でも構いませんので、フィジカルプラスまでご相談ください。

よくわからない場合は専門家に相談することが大切です。