股関節術後に問題になる筋肉のバランスと歩行について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

股関節の術後では下肢の筋バランスが崩れ歩きにくくなる

少し難しいですが、股関節の術後(THA)でリハビリを一生懸命頑張ってみたけれども、思うように歩くことが出来ないと感じていれば参考に読んでみていただければと思います。簡単ですが、対処法も述べています。

股関節の手術、未手術に限らず、歩行時に主に下肢を振り出す筋肉には腸腰筋(股関節を曲げる筋肉)と足関節底屈筋(つま先を下に向ける筋肉)があります。この二つの筋肉は共同して働くため、過剰な筋緊張などでバランスが崩れると痛みを誘発しやすく正しい使い方をすることが難しくなります。

特に股関節に何らかの問題がある場合や、股関節の術後では筋肉の収縮と弛緩のタイミングの狂いが顕著に現れやすくなります。

特に股関節術後のリハビリは近年クリティカルパスなどの利用で早期の退院を目指すことが多く、ほとんどの方が術後で早く歩きたい気持ちが強くなリがちですので無意識に足部での蹴り出しをつよく意識してしまい、焦りによって筋肉のバランスが崩れてしまうことがあります。

股関節の問題で筋肉のバランスが悪いとどうなるか?

術前の歩行様式や手術をしたことによって腸腰筋の筋活動が低下している場合、下肢を降り出すために足関節底屈筋で代償する(ふくらはぎの筋肉になります)事があります。特に股関節術後などでは筋肉に対してメスが入ったこともあり、股関節周囲の筋肉は出力が落ち初めから適切に使う事は難しくなります。

このように頑張りすぎて、ふくらはぎの筋肉を使いすぎるような歩行様式を継続していると本来使うべき腸腰筋筋力の回復が遅れることが考えられます。

腸腰筋の機能の低下が残ると歩けることは歩けるけれど、不格好になったり、歩行距離が思うようには伸びていかなかったり、膝や足首、腰など他の部位に痛みが出てきたりして、退院はしたものの、術後に思い描いていた日常生活とは程遠い状態となってしまうこともあります。

股関節の術後にこのような歩行様式を取っている場合は足部(つま先)の動きに硬さが見られることが多く、下肢を降り出す際に独特の振り出し様式となるので理学療法士であれば数メートルの歩行分析をするだけで簡単に問題となっている部分を発見することが出来ます。多くは膝が少し曲がった状態で固定された棒のようになったり、曲がり方が少なかったりするため非常に不格好に見えるため誰が見てもなんかおかしいと感じるでしょう。

歩行状態を改善するには筋肉のバランスを考える

股関節の術後では前述したように早い退院を目指すため、特に歩くことを中心に進めていくことが多くなります。頑張りすぎて足を後ろに蹴りだすことに意識を集中し過ぎると、足関節底屈の筋活動はより過剰になり、代償動作を強化して、かえって歩行様式を格好の悪い非効率的な状態にしてしまいます。ひどくなるとつま先をうまく上げる事が出来なくなり、つま先が引っかかったりして大変危険です。筋バランスは前述のようにちょっとしたことで変化しやすく、一度身につくと変えることに大変な労力を必要とするため注意が必要です。

実際に病院時代にこのような歩行様式で見た目の悪い方も見てきましたし、個人的には若くてなんとなくでもすぐに歩行ができるようなときに起こりやすいようなイメージがあります。腸腰筋自体を普段から意識することは実際には難しく、ここではやはり専門家の力が必要になってきます。とはいっても、実際にリハビリの現場ではリハビリの専門家しかいないはずなのですが、多くの術後すぐのリハビリを受け持つ総合病院ではなかなかそこまで行き渡らないのも現実かと思います。

まずは股関節よりも膝をしっかりと伸ばしたり曲げたりしましょう

自分自身で出来るエクササイズとしてはまずしっかりと膝の曲げ伸ばしが出来るようにすることです。自分自身では伸びていると思っていても実際には少し曲がっていることがあります。また、このような状態のときは膝自体をしっかりと曲げることもうまく行えていない事が多くあります。

はじめのうちは体重をかけずに行い、慣れてきたら足を地面にしっかりと付け踵が浮かないように膝の曲げ伸ばしを繰り返していくと、荷重時の感覚も取り戻しやすくなり、緊張しやすい下腿の筋肉のコンディションも向上していきやすくなります。荷重をする際はしっかり伸びなくても伸ばす方を意識して行うようにしましょう。

まとめ

とにかく、股関節だけでなく下肢の術後の歩行練習の際には早い回復を目指すあまり、本来行うべき所に注意が向きづらく、誤った身体イメージで頑張りすぎてしまいがちです。頑張りすぎるとかえって歩行状態を悪化させてしまうことがあります。一度ついた歩行の癖を取り除くのは非常に困難ですので、歩き方がおかしいと自分で感じたら少しでも早いうちに修正できるように理学療法士などの動作の専門家に相談されてください。

特になんとなくでもすぐに歩けてしまう年齢の若い方は注意をして下さい。

下関/長府/整体/股関節痛/歩行/人工股関節全置換術後/リハビリ/腸腰筋/体幹/保存療法/フィジカルプラス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

地域の特集ページに掲載されました!