股関節痛で大事な股関節の伸展可動域とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

股関節痛を抱えている方が医療機関でリハビリを受けたり自分で頑張っているうちに腰が痛くなったり、一生懸命やるほどかえって状態を悪くしてしまうことがあります。

実際に医療機関において指導後に渡されるようなプリントにある筋力トレーニングやストレッチを行っても思うような結果が出ないことも多いでしょう。このような場合は個人差があるからだと考えています。筋肉の対する刺激の仕方や方向性は医療機関ですから間違いないと思われますが、場合によっては刺激が強すぎることが考えられます。

特に筋力トレーニングの場合は頑張りすぎて股関節の可動域をかえって犠牲にしてしまうことがあります。特に股関節の伸展(足を後ろに出す動き)の代わりに腰を必要以上に反らせてしまい余計に関節可動域の制限を勧めてしまうことがあります。

このように股関節の伸展可動域が狭くなると歩行において様々な問題が浮上してきます。

臼蓋形成不全や変形性股関節症の方でトレーニングをしていると腰が痛くなる方は一度ご自分の股関節の伸展可動域がどうなっているか確認をしてみるべきでしょう。自分で思っているよりも股関節がしっかりと動いてないことに気づくと思います。

では股関節の伸展可動域のの制限を作っている要因は何なのでしょうか?原因は様々だと思いますが、筋肉で言えば大腰筋、腸骨筋、大腿直筋の伸張性の低下は大きいといえます。さらにお尻にある大殿筋(股関節伸展させる主な筋肉)の機能低下などがあります。

大雑把ですが、実際にはこれらがうまく協調して機能することにより股関節の伸展が行われます。大切なことは筋力でなく筋肉をバランスよく使うことなのです。そのためにまずは自分自身の股関節の関節可動域がどうなっているか確認してみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー