筋力トレーニングで股関節の調子が悪くなる理由とは?

筋力トレーニングの専門家は医療の専門家ではない

医療機関で臼蓋形成不全などの股関節疾患の診断を受けて筋力トレーニングを始める方がおられます。

スポーツジムなどに行って専属のトレーナーさんについたり、プールなどでひたすら歩いている方もいるでしょう。

臼蓋形成不全や股関節痛がある場合、通常の筋力トレーニングを行うことと、関節可動域制限を強くすることがあります。

スポーツジムに常駐しているような筋力トレーニングを専門とされているトレーナーさんは果たして関節可動域の制限についても専門知識を持っているでしょうか?

股関節疾患があればやはり医療の専門家に相談することが先決です。

筋トレを始めたら痛みが強くなっていませんか?

筋力トレーニングを行うことによってかえって関節可動域の制限が強くなったり、痛みが取れなくなったりしていませんか?

一度狭くなってしまった股関節の関節可動域の制限を再び広げるためには熟練の理学療法士がリハビリにあたっても相当な苦労が伴います。

変形性股関節症や臼蓋形成不全の方で、筋トレを初めて関節に硬さを感じたらすぐにやり方を変えるか、やめましょう。以下、正しく出来ているかを確認していきましょう。

筋トレやリハビリがうまく言っているか判断するには?

どうにかして未手術で痛みを取り除きたいと、筋トレや自主的なリハビリを一生懸命に頑張っているのに徐々に「靴下がはきにくい」「爪が切りにくい」などと日常生活において関節可動域の制限を強く感じてくることがあります。

筋力トレーニングやプールでのウォーキング、杖をついて股関節に対する負担を減らそうとしているなど様々なことを継続していても「股関節の可動域が狭くなった」と感じたら今のやり方を見直す時期になっていると判断してください。

筋トレにこだわりすぎるのは危険

一般の方は股関節に対するトレーニングと聞くとどうしても「筋力をつける」ということに意識が向いてしまいますが、このような考え方は非常に危険で一生懸命でまじめな方ほど関節可動域の制限を強くしてしまうことがあります。

関節の制限がまだ強くない、股関節周囲の筋力についてはほとんど問題ない場合は、腹筋群を中心とした体幹をコントロールする運動を継続して行うことのほうが大切です。

他にも足をついたとき、膝やつま先の向きを修正するような股関節本来の使い方を知ることのほうが結果が良いです。

以下は膝について書いていますが、股関節痛の方にも有効ですので御覧ください。

たった3分踏むだけ変形性膝関節症の膝の痛みが楽になる方法

重要なことは日常生活で「負担のかかっている筋肉を使いすぎないこと」で、単純に筋力をつけようとすると、かえって痛みや関節可動域に問題を起こしやすくなることもあります。

術後の方を除いて、筋力トレーニングを中心に行うことは臼蓋形成不全や変形性膝関節症の方ではあまり意味がないと考えています。

筋力より、筋肉のバランスを意識しましょう

股関節周囲には非常に沢山の筋肉がついていますし、それらの一つ一つを意識して動かすことは誰にとってもほぼ不可能です。

体の表面にある大きな筋肉くらいしか意識できないのではないかと思います。

臼蓋形成不全や変形性股関節症で大切なことはこれら股関節周囲の筋肉を体幹機能とうまく連動させてバランス良く使うことであると思います。

大殿筋や大腿直筋と呼ばれるおしりと太ももの筋肉については特に重要でしょう。

股関節に問題があると、どちらもうまく使うことが難しい筋肉で、骨盤の傾きにより機能的にも変化しやすいため余計に意識しづらく、硬くなりやすい筋肉です。

力を入れるタイミングが大切

下肢の筋肉は力を入れるタイミングが難しく、歩行の際にかかとから足をつくことを意識しすぎたりすると足部のコントロールがうまくできず、ぎこちない歩き方になります。

術後すぐの方に多いのですが、最初が肝心でとにかく歩けることを意識しすぎないことです。大切なのは歩くときのタイミングです。

タイミングを合わせるためには、やはり筋力よりも筋肉のバランスが必要になります。

まとめ

股関節が痛む時は、安易に筋トレをやるのではなく、現状をしっかりと把握して今現在の痛みは以前と比べてどうか?

歩ける距離が短くなっていないか?

関節の可動性が悪くなっていないか?

確認してみて下さい。

繰り返し言いますが、段々と悪くなっていると感じていれば今のやり方を変えてみることも必要です。