臼蓋形成不全のリハビリで効果を感じられないのはなぜか?

リハビリには効果がない?

医療制度上の問題で手術の必要のない方が専門的な股関節のリハビリを受けることはほとんどありません。(ほとんどの場合が手術後に受ける事になります)

術前にリハビリを受けることができても、術後を見越した内容であり、手術をしないためのリハビリではないため、一人ひとりに合わせた個別のメニューを指導されることは少なく、運動内容を記したプリントなどを渡され、中途半端になりがちです。痛み止めが欠かせなくなる前に、股関節にかかる負担を減らす姿勢や歩き方、動作のコツを獲得しておくと、最悪手術になった場合でも合併症(特に拘縮による可動域制限)が少なければ早い回復が望めます。

プールで歩いても良くならないのはなぜか?

プールは主に下肢にかかる負担を減少しより多くの運動量を確保することが出来る素晴らしいツールですが、股関節痛の方の筋力を向上させることは向いていません。水の中であっても機能的には問題のある股関節では陸上と異なり、運動は正しく行えません。時間やコストを考えても効率の良いやり方とは言えません。

自己流によって痛みを作っていませんか?

股関節は自由度の高い関節で沢山の筋肉によってコントロールされているため、筋力の影響を受けやすい関節の一つです。医療機関やリハビリで指導される筋トレは否定はしませんが、個人差があるため、一般的な筋トレは不適切な内容になるものとなってしまいます。筋力がないと言われて、がむしゃらに鍛えると動作の偏りがより強くなり、股関節周囲の筋肉にさらなる負担を与えてしまいます。筋トレをすると痛む方はやり方を変えなくてはいけません。

杖の使いすぎで股関節をいじめていませんか?

股関節に痛みがあると、杖を使用するように薦められる事があります。しかしながら、痛みが強い場合必要以上に杖に頼りすぎる傾向があります。このような状況は杖を持つ上肢(肩・肘・手首)にも負担がかかり歩き方をいびつなものに変えてしまいます。本来使うべき筋力を使用できず、全く意味のない歩行練習になってしまいます。

生活環境や痛みの程度に応じた杖の種類や杖の使い方がありますが、それをきちんと指導されたことのある方は少なく、杖の長さ、持ち方すらよくわかっていない方もおられます。

手術も視野にいれて落ち着いて取り組む

手術を行わないと取れない痛みがあることも多くの経験から実感していますし、その効果もよくわかっています。最終的に手術に至ってリハビリを頑張っているにもかかわらず、痛みが取れず、困っている方も多く担当してきました。しかしながら、多くの手段を持つことは心の安定につながります。手術はしないと決めつけて、焦ってリハビリを頑張っても良い結果は生まれません。落ち着いて取り組みましょう。姿勢、歩行様式、筋力、可動域制限などがあっても諦めることはありません。手術が決まってからの運動療法も重要です。

術後のリハビリにおいては自己流で病院を歩き回ったり、年齢の若い方では杖歩行ができるとすぐに退院となります。早い時期にリハビリから離れると、徐々に歩行様式が悪化し、痛みが再発し、実用的な歩行量を確保できないなどの問題が出てくることがあります。これは落ち着いて取り組めない事が原因の一つです。

未手術でも手術後でも、がむしゃらに股関節周囲の筋肉を鍛えたり、プールなどで歩いたりしても歩行状態は良くなりません。ある程度の股関節の可動性を確保してから、タイミングをみながら適切な負荷をかけ、筋肉を正しく強化することが大切です。

効果が感じられないのは焦りとタイミングが原因です。落ち着いてとりくめば結果は出ます。