股間節が痛くなったらまずやるべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

まずは専門家に相談すること

問題がどこなのか医療機関でしっかりと確認をしましょう

股関節に痛みが出たときに、関節の状態がわからない状態で行う、自己流トレーニングは危険を伴います。痛みが長く続くときはまず医療機関の受診をおすすめします。まずは命に関わるような疾患がないかの確認が最優先です。画像診断上大きな問題がなければ適切なトレーニングを早い段階でスタートする事が出来ます。

手術を勧められている場合でもかなりの方が痛みを解消することが出来ますので諦めずに専門家に相談しましょう。

特に女性は少しの痛みだとほおって置きがちです。無理は絶対にしないように心がけて下さい。

股関節に対するコンディショニング

股関節の痛みを解消するには、歩行を中心とした下肢への荷重戦略(動作のバリエーション)、力の入れ方、負担の少ない姿勢や歩き方、立ち上がり方を身に付けることが大切です。

手術を必要としない股関節痛の原因のほとんどは姿勢や歩き方、日常生活動作にあることが多いと感じています。

姿勢と動作を中心とした正しいカラダの使い方を学ぶことは重要で、正しい使い方をするためには、動作のバリエーション自体を増やすことも大切です。

痛みのある股関節周囲だけでなく、その他の部位の筋肉の柔軟性、関節の可動範囲など様々な要因をチェックし、今までうまく使えていなかった部分を特定し、股関節にとって安全な姿勢や動作を身につけてもらうためには一般の方では難しいでしょう。

まずは医療機関に受診し、そこで信頼できる施設などをしっかりと探してみて下さい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

地域の特集ページに掲載されました!