腰痛や股関節痛で痛み止めを使うべきか迷ったら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

腰痛や股関節痛で痛み止めをできれば使いたくない

痛み止めを出来るだけ飲みたくないとお考えの方がここフィジカルプラスにもたくさん来られます。

皆さんご存知のように痛み止めには副作用がありますが、痛み止めを使わないことで起こる弊害があることも知っておくと良いと思います。

基本的に私は痛み止めを使うことは良いことだと考えています。なぜなら、痛みを我慢していると脳がその痛みを覚えてしまい、傷などが良くなっても痛みの記憶が残ることで慢性化してしまうことがあるからです。このような状態になってしまうと本来痛みではない刺激を痛みとして脳が受け取るようになり、いつまでたっても痛みから開放されなくなってしまいます。

痛み止めは効いていますか?

ここで大切なのは痛み止めを飲んだときに痛みが軽くなっているかどうかです。痛み止めを飲んだときに痛みが軽くなるのであれば、医療機関で言われたとおりに痛み止めを使用して大丈夫だと考えています。

大切なことはただ痛み止めを飲み続けないということだろうと思います。

そして、痛み止めを飲むだけでなく他の方法(運動療法や物理療法、鍼、マッサージなどで筋肉をほぐすなど)も一緒に併用していくと組織に問題がなければ自然と快方に向かっていくことが多いのではないでしょうか?

痛みの原因には様々なものがあります、組織に傷があれば何をやっても痛むのは当然ですし、組織に問題がないのであれば、先程挙げたような他の方法を試してみる事も大切でしょう。

やっぱり痛みが取れない時

ところが実際には、痛み止めを飲んでも痛みが取れないという訴えをお持ちの方もたくさんいます。このような方では姿勢やカラダの使い方に問題があったり、筋緊張が高く身体自体を緩めることが出来にくかったり、多大なストレスを抱えていることがあります。慢性的な痛みはストレスで悪化すると実証されていますし、刺激を受け取る側の脳が誤作動していると言われています。

このような方ではただほぐしたり、揉んだりしてもカラダの状態は一向に改善していきません。大切なことは脳にこれは痛みの刺激ではないですよと正しい情報を送り続けることです。そのためには適切な運動や動作をしっかりと繰り返し、痛みの出やすい場所を過度に使いすぎないように姿勢や動作を変えていく必要があります。医学的には2週以上続く痛みは慢性痛と呼びます。2週間〜4週以上痛みが続く時は脳の影響も考慮して見る必要があります。

医療機関での診断で問題がない場合はこのようなことが考えられると思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

地域の特集ページに掲載されました!