これからの時期に気をつけたいヒートショックが原因の突然死

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

12月に入り寒さが少しずつ増してきました。朝起きるのが億劫に感じられますね。

さて、さてタイトルに「突然死」と思わず引いてしまう方もいるかと思いますが、これからの時期はヒートショックが原因と考えられる突然死が増えてきます。

ヒートショックとは、急激な気温変化によって血圧が大きく変動し、失神や心筋梗塞、脳梗塞などの重篤な症状を起こすことを言いいます。

では自宅の中で急激な寒暖差が起こりやすい場所とはどこでしょうか?

まず考えられるのは浴室内、自宅内で寒暖差の最も起こりやすい場所であるといえます。実は入浴中の浴槽内での溺死者は交通事故死よりも遥かに多くおり、特に注意が必要な場所であるといえるのです。

もう一つ注意が必要な場所がありますが、それはトイレです。ここ日本ではトイレは多くの場合自宅の北側など日当たりの悪い場所にあります。(住宅を建てる時には方角を重視することが多いと思います)そこに夜、布団の中から起きて急に寒いトイレにいくと当然のことながらかなりの寒暖差があり、寒さによってカラダに多くの負担を強いることになります。

実際に脱衣所※(浴室内も)やトイレは、真冬には10度以下に冷え込んでしまうことが多くあります。浴室やトイレだけでなく暖かい部屋から急に冷え込んだ場所にいくと、血管は収縮して、血圧が急激に上昇します。その状態のまま風呂に入ると、今度は血管が拡張して血圧が急降下してしまいます。このような血圧の急激な変化が起こると様々な悪影響を体に及ぼしますので注意が必要でしょう。

※浴室であれば予め蓋をあけ、湯気で温めておく、浴室暖房などの利用などの注意が必要でしょう。

もちろん血圧などの変動による脳梗塞や心筋梗塞などの発症も多く起こる場所とも言えますので、これからの時期は特に気をつけてみて下さい。

最近では高気密・高断熱の家庭が増えて寒暖差は少なくなってきていますが、特に築年数の長い場合は特に寒暖差が起こりやすいため気をつけましょう。古い住宅だと縁側を通って廊下自体も寒い場合があると思います。

住宅については専門外なのですが、実際に住宅の気密性と断熱性を高めるとヒートショックの予防になると思います。最近ではペアガラスや外断熱など様々な部材があり、昔の住宅とはずいぶん変わってきていると思います。

また冬場に自宅内全体が暖かいとカラダも縮こまることなく動きやすくなるので、一日中じっとするなどということはぐっと減るのではないでしょうか?

冬場の体調管理のためにも、暖房器具などをうまく利用して家庭内のヒートショックにはくれぐれもお気をつけください。

 

追記

平成29年1月5日の毎日新聞でついにヒートショックによる突然死が交通事故死者数を超えたとありました。益々注意が必要ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー