大腿四頭筋の筋力増強は膝の痛みをつくる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

太ももを鍛えるとはどういうことか?

膝の痛みで困っている時に医療機関でお医者さんからよく言われます。

特に変形性膝関節症の診断を受けている方。「太ももを鍛えなさい」

大腿四頭筋の筋力増強を進めるこの言葉・・・実は大変ナンセンスな言葉だと個人的に考えています。14年の医療機関での勤務経験からしても、変形があり、膝の痛みが強い方で大腿四頭筋の筋力の低下がはっきり認められる方はほとんどいませんでした。

むしろ、何も考えずに頑張りすぎると痛みが強くなる事もあります。実際に変形性膝関節症の患者さんのほとんどが膝を強く使いすぎてしまっていました。

膝を強く使うとは?「太ももの前側を使いすぎる」ということになります。

膝に痛みを抱えている方では姿勢や動作にも特徴があり、太ももの裏をしっかりと働かせなかったり、脊柱(背骨)や骨盤の位置関係に特徴があったり、動作自体に偏りがみられます。

このような方たちが膝におもりなどをつけて伸ばすような運動を行うと痛みが良くなるどころか、かえって強くなる事があります。筋力が問題ではなく、筋肉のバランスが問題になっているのです。

「強く使いすぎる部分」「うまく使えない部分」この2つの機能をしっかりとチェックし、調整するとそれだけでも痛みは変わってきます。変形の強い場合でも痛みが殆ど無い方もおられますし、逆に変形は殆ど無いのに痛む方もおられます。経験上、変形自体や筋力の低下自体が直接の問題ではないということがここからよくわかります。

膝の周囲を鍛える場合はよく注意して行いましょう。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー