腰痛のある方は無視できない胸椎と股関節の硬さ

腰痛の原因がわからないのは何故?

なかなか取れない腰痛があり、病院を受診したけど、MRIを撮っても「特に異常ありませんね」と言われることが多くあります。

この時点で痛みがあるのになぜ?と不安になってしまいますよね。

実に9割もの腰痛が原因不明と言われています。

そんなときは腰以外に注目してみると意外な原因が見つかることがあります。

原因となりやすい部分は胸椎と股関節

「胸部の関節が硬い」

脊柱(背骨)の関節にはそれぞれ得意な可動や固定の機能があります。

腰椎よりも胸椎が動きが多く、腰椎自体は実はあまり動きません。

なので、胸椎の可動性が落ちてくると、本来あまり動かないはずの腰椎に異常な可動性が出てくることがあります。このため、必要以上に腰椎に負荷がかかることになります。

「股関節が硬い」

股関節はもともと非常に動きが多く、自由度が高い関節です。ここの可動性が落ちてくると足りなくなった可動性を補助するために骨盤を介して腰椎に異常な可動性が出ることがあります。

つまり胸椎や股関節が硬くなることで、腰椎に過剰な可動性を強いることとなり、本来かかることのない負担が腰椎にかかるということになります。

腰椎に異常な可動性や極度の筋収縮を生み出すと、当然ながら痛みが出やすくなります。

結果として腰本来の機能が発揮できなくなると腰痛を引き起こします。

整形外科等で受診をしても、腰痛があるときに通常これらの部位は検査をしないことが多いようです。

脳が覚えないうちに早めの対処を

本来持っているはずの腰椎の動きに異常が出始めたままで日常生活を続けていると、本来悪い動きであるはずの癖を脳が覚えてしまい、中々元の状態に戻せなくなってしまいます。

腰が痛む時はとかく腰を動かさないようにしたりして安静にしがちですが、正しく動かることができれば早めに動けるようになリます。

足からの影響による腰痛についてはこちらをどうぞ

関節には、よく動くことが必要な「可動性」と、固定することが必要な「固定性」という機能があります。このどちらがかけてもカラダは正しく動きません。

実際に胸椎や股関節がバランスよく動いたり固定したりするだけでも腰痛が解消する方がたくさんおられます。

腰痛をお持ちの方は胸椎や股関節が硬くないか一度確かめてみてください。