腰痛のある方は無視できない胸椎と股関節の硬さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

なかなか取れない腰痛があり、病院を受診したけど、MRIを撮っても「特に異常ありませんね」と言われることが多くあります。

この時点で痛みがあるのになぜ?

と不安になってしまいますよね。

実に9割もの腰痛が原因不明と言われています。

しかしながら、そんな腰痛にも原因があります。

考えられる腰以外の要因は主に2つあります。

「胸部の関節が硬い」

「股関節が硬い」

ということです。腰痛があるときに通常これらの部位は検査をしないことが多いようです。

関節には、よく動くことが必要な「可動性」と、固定することが必要な「固定性」という機能があります。

脊柱(背骨)の関節にはそれぞれ得意な可動や固定の機能があります。

腰椎よりも胸椎が動きが多く、腰椎自体は実はあまり動きません。

なので、胸椎の可動性が落ちてくると、本来あまり動かないはずの腰椎に異常な可動性が出てくることがあります。

股関節も非常に動きが多く、ここの可動性が落ちると骨盤を介して腰椎に異常な可動性が出ることがあります。

つまり胸椎や股関節が硬くなることで、腰椎に過剰な負担がかかるということになります。

過剰な負担がかかることで、腰椎に異常な可動性や極度の筋収縮を生み出し、痛みにつながるのです。

結果として腰回りの機能が低下し、腰痛を引き起こします。

こうなると大変です。

本来持っている動きが出来なくなり悪い動きの癖を脳が覚えてしまい、中々元の状態に戻せなくなるのです。

腰痛をお持ちの方は胸椎や股関節が硬くないか一度確かめてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー