反り腰で膝が内側を向きがちな方は骨盤底筋群に要注意です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

骨盤底筋群の機能障害はとても悩ましいものです。

特に産後においては、失禁や場合によっては骨盤内臓器脱などを起こすことがあります。

このようになると日常生活に支障が出てしまいます。

骨盤底筋群のトレーニングなどは様々なところで紹介されていますが、実はそれに付随して骨盤を含む股関節の機能が重要です。

骨盤底筋群の機能不全を起こしやすい方の特徴として、反り腰、膝のお皿が内を向く、とんび座り(膝が内股ですわる)をしがちであるということが言えます。

個人的には最近の若者の姿勢をみると特に感じます。要注意ですね。

骨盤底筋群は股関節の外旋筋である内閉鎖筋と筋膜を介してつながっており、股関節が内旋位(内股)をとったままであると、働きづらくなります。

このような方は上半身は細いが、下半身が太めという方が多いような気がしています。

骨盤底筋群の機能低下が見られる方は外旋筋群の働きが悪くなっている方がほとんどであると言われています。

骨盤底筋群のトレーニングをする前に、まずはご自分の股関節の状態をしっかりと確認してみると良いでしょう。

和式のトイレを利用すると外旋筋群を短縮位で収縮力を働かせることになり、良いトレーニングになるかもしれません。

フィジカルプラスにお越しの方で股関節周囲のコンディショニング、トレーニングを行ってPMS(月経前症候群)の症状が軽減したという方もおられました。

この方は元々、別のことでお困りで来店していましたので、実は知らなかったのですが、のちになってお話ししてくださいました。

初めから狙っていたわけではないので、あくまで副次的な結果ですが、非常に喜んでおられました。

股関節一度ご自分でも確認されてみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー