女性に多い腰痛、男性との違いについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

女性は男性に比べ腰痛になりやすい?

日本人のほとんどの方が経験する腰痛ですが、女性と男性では腰痛の原因が違っていることを経験します。男性では筋力そのものよりも筋肉のバランスに問題が有ることが多く、女性では筋力そのものが問題となっている印象です。

また、妊娠や出産、ハイヒールを履くなど女性は男性と比べた際に様々な負担がかかってしまうことがあります。このような生活習慣は必要以上に腰椎に負担をかけやすいだけでなく、普段の姿勢そのものにも悪影響をおよぼすことが考えられます。そのため、男性と比べ少し筋力トレーニングを必要とする場合が多くあります。

筋肉量が少ないと血液が十分にカラダ全体に行き渡らず、冷え性の原因になるとも言われており、当然血流の悪さで筋肉のコンディションは崩れやすいといえます。そのため痛みが悪化しやすく、治りにくいのではないかと考えています。食事制限を過剰にしすぎると筋肉量がより減少することで腰痛が悪化することも予想されます。

妊娠と出産による腰痛

妊娠すると腰椎の前彎が強くなり、腰をより反らせるような姿勢となります。通常であれば背骨に元々存在している自然なカーブで負担を減らせるのですが、姿勢そのものが変化し、妊娠時には腹圧の低下も重なるために腰椎に対してより負荷が強くなり、腰痛を起こしやすくなるといえます。また妊娠中は体重も増加しますのでこれも腰痛を悪化させる原因のひとつになると思います。

出産時には産道を広げて赤ん坊がスムーズに出てこられるように骨盤の周囲の靭帯を緩めるホルモンが分泌され、骨盤周囲や腰椎がより不安定になります。このホルモンは妊娠中から産後まで分泌されるので出産後だけでなく、妊娠中にも注意が必要となります。妊娠中に骨盤周囲に余計な負荷をかけないようにしたほうが良いでしょう。

また出産後は日々大きくなる赤ん坊を抱っこしたりすることでまだ不安定な骨盤にも多くの負荷がかかるため、1、2ヶ月は特に要注意であると思います。出産後はしっかりと骨盤を締めるということが大切ということがホルモンの関係からもよくわかります。

女性は、男性に比べてハイヒールやパンプスなど、かかとの高い履物を利用することが多くあります。かかとが上がると腰椎はより前彎が強くなり腰の反りが強くなりがちです。また不安定な姿勢にもなりやすく、自然な腰椎のカーブを失いやすい状況と言えます。不安定な姿勢を安定させるためにより多くの筋肉を緊張させてしまうことで、腰痛が悪化してしまう可能性があります。腰痛のある場合は適時ヒールの無い履物を利用したり、必要のない場合は痛みが落ち着くまで履かないということも良い選択肢になるのではないでしょうか?

このように女性の腰痛では様々な環境や生活習慣が男性と違います。予防や改善のためにはこれらを変えていくべきですが、どれも難しいのではないでしょうか?そのためには筋力トレーニングを普段から行って偏りの少ない腰に負担のかからない姿勢を獲得することが近道となります。

筋力トレーニングと行ってもジムなどに行って重たい負荷をかける必要はなく、姿勢を正しく保持できるような背骨周囲の細かな筋肉群の働きを促したり、腰椎や骨盤周りの動きのバリーエーションを増やしたりと多くは自宅でも可能な内容で十分です。もちろん個人差がありますので、女性の腰痛で困ったらフィジカルプラスにご相談下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー