女性に多い反り腰による腰痛がでたらどうするか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

反り腰が原因と考えられる女性の腰痛

寝ていると腰が痛くて目が覚めたり、日常的に腰痛があり快適な生活が行えなくてお困りの女性の方が多くおられます。

今回は比較的女性に多い姿勢の問題である反り腰猫背が原因と考えられる腰痛について紹介して行きたいと思います。もちろん男性にも起こりうることですので注意が必要です。

カラダが硬いと反り腰になる?

フィジカルプラスにご来店の方でも体が硬くて・・・と言われる方がいますが、単純に体が硬いことが反り腰の原因にはならないと考えています。実際に見ていくと多少の硬さはあっても問題になる方は少数です。また腰が反っているから腰が痛いということもなく、むしろ反ったままで反対に曲げることができなくなっている方がほとんどです。上手に曲げるエクササイズを行うだけで多くの方はすぐに痛みが気にならなくなってきます。

きっかけがある場合が多い

実際によくお話を聞いてみると何らかのきっかけがあることが多くあります。

お産をした、開腹術を行った、急に立ち仕事が増えた、重いものをもって運んだなど理由は様々ですが、これらの多くは女性の場合の反り腰を強める動作になりやすく、それに伴い腹圧を高めたり、腰を丸めることが難しくなります。

このような状態になると腰を反らせる伸筋群と丸める屈筋群のバランスが崩れ常に腰が反り、腰周囲に不必要な緊張状態を強いることになり常に緊張している腰回りに痛みが出やすくなってしまいます。

日常の習慣が原因になっていればエクササイズですぐに良い方向へ向かいます。整形外科等に通っても原因がはっきりしない場合や4週以上痛みが続いたらすぐに相談して下さい。

最後に簡単に出来るエクササイズを紹介します

1 あお向けに寝る(膝を立てても良いです)

2 横に寝返りながら両膝を胸に引き寄せる(足の力で)

※この時痛みがあるとつい手で何処かを持ちがちなのですが、どこも持たないようにやりましょう

3 反対も同様に行う。

左右交互で全部で30回程度繰り返します。

左右どちらかを向いた際に痛むときは痛まない方向を中心に最初は行ってみて下さい。

初めのうちは両膝がおへそのあたりまでいかない方もいると思いますが、徐々に胸に近づけるように繰り返し行なってみて下さい。また痛みが強くなる場合は無理せず中止して下さい。

これですべてが解決するわけではありませんが、試してみる価値がありますのでぜひチャレンジしてみて下さい、

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

地域の特集ページに掲載されました!