寝起きが調子悪い?首の痛みや肩こりはまくらが原因?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

枕を変えても肩こりが良くならないのは何故か?

寝起きの調子が悪いほとんどの方が枕が悪いのかな?と心配されるようですが、それだけでは不正解です。

「寝起きに首が痛い」「起きた瞬間から肩がこる」こういう状況の方がたくさんいて、オーダーメイドの高級枕の購入を検討される方がおられます。

実際に枕についてはオーダーメイドの高級品から既成品まで非常に多くの物があります。オーダーメイドのものだと2万円〜3万円位するものもあるようです。

この金額を考えると勇気が必要になる金額だと思います。ところが自分のカラダにあわせた枕を作ったのにうまく寝起きの痛みがすっきりしない方がおられます。

実はマットレスに原因が!?

実は、マットレスの硬さに原因があることが多く経験されます。寝た時にマットレスが沈み込むことで、枕の高さが相対的に高くなってしまうのです。せっかく合わせた枕が合わないのはこういった理由が考えられます。ここから言えることは枕とマットレスは2つで一つということですので頭の片隅に入れておくと良いでしょう。睡眠時間中かなり長い時間使用するものですので、合わなければ肩がこったりすることは容易に想像出来ますね。

フィジカルプラスにお越しのお客様でかなり枕にお金を費やした方もおられましたが、あまり一般的ではないと思います。そもそも、本当にまくらが原因なのか?といった疑問も出てくると思います。

バスタオルを使えば高い枕を買わなくても大丈夫!

誰の家にも合って、高さの調整がしやすいものにバスタオルががあります。

バスタオルをいくつかのパターンで折りたたみ、様々な高さで数日ずつ寝てみるのです。試していくごとに、肩こりが楽になる高さがある事に気づくと思います。調子が良くなればその高さの枕を作れば無駄になりませんし、そのままバスタオルまくらを使用続けるという事も良いでしょう。

バスタオル枕の良い点は

1 誰の家にもある。

2 高さ調整しやすい

3 洗濯できるので衛生的

といったことがあります。

高いオーダー枕を購入する前にまずは自分の寝起きの痛みが枕なのかどうかチェックしてみてください。こうすることで無駄な出費も抑えられ、快適な睡眠を得ることが出来ると思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー