辛いその痛みはむち打ちが原因?

つらいむち打ち原因が違うかも?

季節の変わり目になると痛む、お天気によって痛むなど様々な状況で痛みが強くなったりなくなったりすることのあるむち打ちですが、一般には、むち打ち症(鞭打ち症、むちうち症)またはむち打ち損傷という俗称で呼ばれています。

様々な辛い症状がありますが、なかにはむち打ちが直接の原因ではないと考えられる不調があります。以下に特徴を述べていきます。

むちうちとはどういうものなのか?

通常、自動車事故による首部やその周辺の打ち身・捻挫・骨折・頭部外傷などをムチウチ症と呼ぶ事が多く、医療機関では「外傷性頚部症候群」「頚部捻挫」として診断名がつけられる事が多くあります。

強い衝撃で頭部と胴体が異なる向きへの動きを強いられ、それによって、様々な症状が出現する疾患になります。

最近では脳脊髄液減少症という『髄液が慢性的に漏れることにより発生するもの』、あるいは脳に損傷を受けた為に身体の麻痺や高次脳機能障害を発症する軽度外傷性脳損傷によるものとの指摘がなされています。

レントゲンに写らない為理解されにくいが・・・

普段はそうでもないが、特定の気候や気象条件で痛みが増す場合は経験上、首や肩以外の部分に問題を抱えている方がおられます。

医療機関において、レントゲンなどで異常が確認されない場合には、首部、腰部を牽引機器を用いての物理療法が行われる事が多くありますが、あまり良い結果を聞いたことがありません。明確な治療法というのははっきりとあるとは言えない状態です。

首筋、背中、肩のこりや痛み、耳鳴り・頭痛・めまい・吐き気・食欲不振など様々な不調を訴えますが、医学的には認められるものは少なく、交通事故によるものでは自動車保険が終了するとともに治療を終えて困ってしまいます。

しかしながら、長年に渡りお困りの方では痛みが強い時期に無理に動いていたりすることもあり、その時期についてしまったカラダにおかしなクセがある方がいます。

このような方では首自体の問題でなく、その他の部分に目を向けていくと快方に向かっていく方がいます。

下半身のクセで首や肩が不調になる?

むち打ちになったことがきっかけで、カラダをかばい、動きのクセがうまく取れず、体全体に影響が出て痛みが長引く原因となります。

むち打ちであるかどうかに関係なく、足首を中心とした下半身の動きのバリエーションが少なくなっておられる方は、頸部や肩の不調をよく訴えられます。

実際にむち打ちが良くならない方でもこのような傾向の方がおられ、首や肩以外の部分で動きにくせがあるところや、硬いところを調整していくと調子が良くなる方がいます。

すべてのむち打ちが良くなるわけではありませんが、怪我をした首以外の部分に着目して今現在のカラダの状態をチェックする方法を紹介していきます。

足の裏がかたくなっていないか?

足の裏が硬くなっていませんか?

足の裏が硬くなると体重のかかり方が偏りやすく、首や肩のどちらかにこわばりや硬さが出てしまうことがあります。

ゴルフボールなどを利用して足の裏を少し強めにゴリゴリとこすってみてください。左右のどちらかの方がより痛む事があると思います。

このような方では痛む方をしっかりとやってみてください。

そして、終わったあとで首や肩を動かしたときに楽になっていればOKです。

足の指をしっかりと曲げることができるか?

足の指がしっかり曲げることが出来ない方がたくさんいます。

足の指をしっかりと曲げることができると立っている時に後方に偏った重心が前方に移り、体全体の力の入り方が変わります。

自分自身でうまく曲げることが難しければ、手を使って繰り返し繰り返し曲げてみてください。

画像のように手で握りこぶしを作ったときのように骨の出っ張りが見えるくらいが正常な曲がり方です。

人によっては多少痛みが出ると思いますが、これも硬いと感じる方をしっかりとやってみましょう。

そして、終わったあとで首や肩を動かした時に楽になっていればOKです。

まとめ

むち打ちによる痛みにも、もしかしたら原因が異なる痛みがあるということを紹介してきました。今回挙げた足裏や足の指のチェックをして調整するだけでも首や肩の調子が良くなる方がおられます。

もちろんこれですべてが解決するわけではありませんが、首や肩の調子が悪くて痛むところばかりに注目しすぎていた方は特に試してみてほしいと思います。

特にゴルフボールで足裏を刺激するときはかなりの痛みを伴うことがあるので、やりすぎにはくれぐれも注意してください。