辛いその痛みはむち打ちが原因?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

季節の変わり目になると痛む、お天気によって痛むなど様々な状況で痛みが強くなったりなくなったりすることのあるむち打ちですが、外傷性頸部症候群、頸椎捻挫(けいついねんざ)と言われます。

一般には、むち打ち症(鞭打ち症、むちうち症)またはむち打ち損傷という俗称で呼ばれています。

通常、自動車事故による首部やその周辺の打ち身・捻挫・骨折・頭部外傷などをムチウチ症と呼ぶ事が多く、医療機関では「外傷性頚部症候群」「頚部捻挫」として診断名がつけられる事が多くあります。

強い衝撃で頭部と胴体が異なる向きへの動きを強いられ、それによって、様々な症状が出現する疾患で、最近では脳脊髄液減少症という『髄液が慢性的に漏れることにより発生するもの』、あるいは脳に損傷を受けた為に身体の麻痺や高次脳機能障害を発症する軽度外傷性脳損傷によるものとの指摘がなされています。

靭帯(じんたい)や関節包、筋肉などの障害のため、外見上あるいはX線診断における変化は見られないことが多く、画像では発見されにくいため、後遺症として悩んでおられる方が多くおられます。

症状としては、事故にあったその日はほとんど症状が出ず、翌日、または数日経ってから症状が出現することが多いようです。
また首筋、背中、肩のこりや痛み、耳鳴り・頭痛・めまい・吐き気・食欲不振などの不定愁訴など様々な不調を訴えますが、医学的には認められるものは少なく、自動車保険が終了するとともに治療を終えてしまうことがあります。

レントゲンなどで異常が確認されない場合には、首部、腰部を牽引機器を用いての物理療法が行われる事が多くありますが、あまり良い結果を聞いたことがありません。

上記のように「脳脊髄液減少症」等がある場合はフィジカルプラスではどうしようもないのですが、普段はそうでもないが、特定の気候や気象条件で痛みが増す場合は経験上、首や肩以外の部分に問題を抱えている方がおられます。

そのような方はあくまで予想ですが、痛みが強い時期に無理をしたりして、カラダをかばってしまい、その時の動きのクセがうまく取れず、そのままになっているのかもしれません。

(この場合はもしかしたらむち打ちが直接の原因ではないのかもしれませんが・・・)

特に、足首を中心とした下半身の動きのバリエーションが少なくなっておられる方は、頸部や肩の不調をよく訴えられます。

むち打ちが良くならないとお悩みの方の場合は、首や肩以外の部分を中心に施術しています。そうすることで痛みが解消する方がおられます。
ご自分でどういうタイプなのか判断に困ると思いますが、まず一度カラダのチェックをしてみてはいかがでしょうか?

初回施術保証があります、結果が良くなければ料金は頂いておりません。
どうかな?と思われたらまずはご相談下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー