姿勢を考慮した寝違えの施術について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フィジカルプラスで行っている寝違えの施術について

朝起きてみたら急に首が痛くて動かない、回せないなどの寝違えでお困りの方がフィジカルプラスにも来られます。中には1週間以上首が動かず、整形外科等でネックカラーなどの首を固定する装具をして来られる方もおられます。

原因には様々な事が考えられますが、首の周囲に多くの場合一定の方向に力が加わり続けて筋肉がこわばり、首本来の動きができていない事があるのではないでしょうか?

中には急激に首に力が加わって痛くなり動かなくなる方もおられます。(ラグビーや柔道などのコンタクトスポーツではよくあります)どちらの場合もフィジカルプラスでは基本的に首に直接施術することはしていません。

実際に頚椎捻挫などがあった場合に首を直接触ることは危険以外の何物でもないからです。実際に他院で首に強い施術をされて手にしびれなどがでてしまった方もおられますので、注意が必要です。

寝違えの場合は首を直接触らない安全な施術を行います

寝違えでご来店の殆どの方にはカラダが元々硬い、運動不足、足裏が硬いなどの特徴を持っている方が多く、このような方では首に対して直接施術をしなくても多くの場合1回で首の動きが元に戻ることを多く経験しています。

フィジカルプラスではまず今現在首がどの程度動くのか?痛みはどの動きで出るのか?などを確認後に足指の動きと足底の硬さを確認します。ここでほとんどの方が足指と足底に硬さがあり、少しの刺激でもかなり痛みを訴えます。こういった場合はこれらの部分の可動性や柔軟性を出すために多少痛みが伴いますが、しっかりと動かします。こうすることで首の可動性は即座に改善してしまいます。時間にすると2,3分程度のことが多いです。

これには筋膜や筋連結と呼ばれるカラダのつながりに何らかの問題があるからで、実際に施術を行うと根本的には首自体に問題がないと推測されます。ここで特に問題なく動けば、痛みが再発しないようにしっかりと動作指導を行います。こうすることで痛みや可動域制限がぶり返すことなく調子が戻ります。強い力を受けた後の痛みでなければここで首の施術を行います。

もちろんすべてが一回で良くなるわけではありませんが、ご来店のほとんどの方がたったこれだけで快方に向かいます。

寝違えは非常に苦痛を伴うのでおかしいと思ったらすぐにご相談下さればと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー