筋力が低下しているから関節が痛むのか?

関節痛でよく言われる筋力不足は本当でしょうか?

整形外科を受診して変形性膝関節症や変形性股関節症と診断された際に太ももの筋力やお尻の筋力が落ちていますと言われることがあります。

よくよく聞いてみると、筋力テストされることなく、本当に筋力が落ちているのかの確認が出来ていないという経験を以前からしています。

病院理学療法士時代の経験から実際に筋力テストを行うと術後でない限りはっきりした筋力低下がみられる方はほとんど見受けられませんでした。

筋トレ信仰で関節の痛みはとれるのか?

ただ、筋力テストでは問題がない場合でも部分的に力が入りづらいなどの状況はあります。

筋力ではなくアンバランスな状態に気をつける

関節痛のある方では可動性や筋出力にアンバランスな面が見られ、考えられる原因はやはりカラダの動かし方や使い方にあり少しの工夫で痛みは大幅に減少していきます。

痛むところを探していくと筋肉を押さえると痛みが再現され、そこを緩めると痛みが取れることからも関節痛の多くは筋肉の痛みが関連していると実感しています。

筋力が問題ではないということですね。

特に立つ、歩くなどで体重がかかる股関節や膝関節、足関節などは元々もっている骨格や生活習慣によって余程のことがないかぎり使い方は変わることはありません。

そのためいつも同じところに負担がかかり、ちょっとしたことで痛みの悪化を招いてしまうのです。

筋トレではなく力の入れ方を変える努力をしましょう

真面目で勤勉な方ほど一生懸命にやってしまう筋力トレーニングですが、多くは力を入れすぎることで余計に負担がかかり好ましくない動作様式を強化してしまいます。

関節を守りたいのであれば、筋力を強化するのではなく関節に負担をかけない方が良いのではないか?ということにまず気づいて頂きたいと思います。

力の入れ方というものは意識することは難しく、自己流ではうまくいきません。

力の入れ方を変えるということは、言い換えてしまうと「痛むところを使いすぎない」ようにするということです。

例を挙げると・・・

1 膝の痛みがある方が立ち上がるときに手すりを持つ

痛みをかばうために手に力がはいることで、立ち上がる際に必要なお尻の筋肉がほとんど使われません。

繰り返すことでお尻の筋肉はどんどん落ちていきます。反対に使いすぎてほしくない太ももの前の筋肉がどんどん使われ膝の関節に過度な負担をかけてしまい痛みが強くなる。

これは、膝に痛みがある場合に最もやってほしくない立ち上がり方ですが、ほとんどの方がやってしまいます。

2 股関節の痛みがある方が杖を握りしめて歩く

これも痛みをかばうために必要以上に杖を握りしめることで、歩くときに必要なお尻の奥にある筋肉がほとんど使われません。

繰り返すことで手首が痛くなったり、カラダが斜めに偏ってしまい使いすぎてほしくない太ももから股関節にかけて付いている筋肉に過剰な負担をかけてしまいます。

これも股関節に痛みがある場合に最もやってほしくない歩き方ですが、ほとんどの方がやってしまいます。

この2つの例のように関節痛のある方では使うべき部分と使わない方が良い部分が逆転したカラダの使い方をしてしまいます。

したがって、ある部分では筋力は十分ですが、ある部分では不十分ということになるのです。実際に鍛えなさいと言われている部分を確認するとわかりますが、そういう部分がやせ細っていることはないと思います。

つまりそこを改めて鍛える必要はないのです。

日常的な習慣としてやっていることがかえって痛みを強くすることもあるという良い例だと思います。

変形性股関節症の保存療法に杖や減量が必要か?

最後に

筋力が弱いと言われたら、まずどの筋肉なのか確認しましょう。

状況によっては鍛えるべきところは他にある、もしくは鍛える必要はない場合があるということを頭の片隅には入れておいて下さい。

もちろん筋力のみが関節の痛みを作っているわけでないので、ここで記載したことが全てではありません

筋力がないから痛みが取れないと言われたら、まず本当にそうなのか?ということを専門家にきちんと確認してみて下さい。