筋トレ信仰で関節の痛みは取れるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

筋トレは効くのか?と感じている方へ

関節の痛みが取れないのは、筋力がないからということで筋力を付けなければ痛みは取れないと必死にに筋力アップを目指す方が多くおられます。特に股関節疾患では若い世代も多く、こちらがびっくりするほど無理をしている方もいます。

中でも膝、股関節周囲の筋力が落ちているからということで一生懸命に筋力トレーニングをしている方が多いと思いますが、病院などの医療機関で指導される筋力トレーニングは比較的大きな筋肉を鍛えるには向いていますが、正しい力の入れ方が出来ない場合、やればやるほど、筋肉がこわばり、関節内圧を必要以上に高めて状態をひどくしてしまうことがあります。結果的に関節のの状態の悪化を招き、さらに動きの範囲を狭く、痛みをより強いものにしてしまいます。

つまり頑張れば頑張るほどどんどん自分で悪くしているようなものです。

特に股関節においては、様々な方向へ自由に動ける多軸関節ですのでどのように力を入れているかという感覚が肘や膝などと違いつかみにくく、可動性に至っては特定の動きに制限が出るためより気づきにくい状態となります。

股関節疾患をお持ちの方の多くの方でみられる

「あぐらをかけない」

「股関節にしっかりと体重をかけることができない」

ような状態はすでに関節可動域の制限が出ており、上記のような筋トレを頑張ると余計に痛みが増し、関節可動域を狭くしていきます。曲げるだけでなく、伸ばすことや不必要な力を出来る限り入れずに動かせることが大切なのですが、膝関節などにおいても、とかく曲げることに意識が向きやすく、実際にはしっかりと伸びていない事のほうが問題となっています。

「筋トレをすればこの痛みは良くなる」このような筋トレ信仰はもうやめましょう。

まずは正しく筋肉を使うための関節の動きの範囲をしっかりと維持・拡大を目指しましょう。

※ここで言う関節の動きの範囲は無理せずに動く範囲がスムーズに動くことを意味します。

特に歩行は常日頃から行う動作ですので、歩行時に無理な力の入れ方を続けていると簡単に関節の可動性は落ちていきます。実際には多くの方が骨盤の下制という動きができず正しい荷重の仕方が出来ていません。

必要な筋肉にしっかりと刺激が入ると、関節可動域も狭くなることなく、多少の筋力の低下があっても見た目の悪い歩き方にはならないことを多く経験していますし、痛み止めなども早くやめることが出来る場合があります。

筋トレをしていても一向に良くならないと疑問に思いながら続けるのは出来る限り早く見切りをつけ、日頃の姿勢や動作に精通している理学療法士などの専門家に相談しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー