フォームが変わって痛みがなくなったボーイズリーグの選手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

中学生になって肘の痛みがどこに行っても取れなかった選手です

様々な治療院で肘の痛みの治療を行っていた中学生です。初期の頃は治療院と併用してご利用頂いてましたが、痛みが段々とでなくなり、継続的にフォローするようになって現在はほとんど痛みが出て投げれないということはなくなりましたので治療院には現在通っていないそうです。

はじめは私自身は硬式野球の経験もなく、基本的なことしか出来ませんということでご了承いただきコンディショニングを承りました。しかしながらどのようなスポーツでも基本があります。基本的な動作やそれに必要な可動性や筋力等が整うと自然とフォームも良くなる例だと思います。細かいフォームについてはわたし自身もまだまだ学ぶべきところがありますので、一緒に考えさせてもらっています。

以下にトップの位置でのシャドウのフォームの変化を載せておきます。画像は(顔を出さないため)ボケていますが、フォームの変化がよくわかると思います。ボールをもっているのといない、撮影の角度などで若干違いはあるのですが、胸の張り方と肘の高さについては違いがわかりやすいと思います。

初期のフォーム

現在のフォーム

彼は通常の可動性のチェックでは特別カラダが硬いということもなかったのですが、投球動作になるとしっかりと胸を張ることが出来ず、肘下がり(両肩のラインに対してです)となりやすい状態でしたので、体幹機能向上と可動性の向上をメインにトレーニングを約半年続けています。(内容についてはここでは省略させて頂きます)

フォームが良くなることで結果もよくなり、ピッチングはもちろん、バッティングにも良い影響が出てきています。打率に関しては約四割向上したそうです。四割になったのではなく、四割上がったのですから、かなりの変化ですね。

野球をやっているお子さんに非常に多い、胸が張れない、肘が上がらないはただフォーム修正しようとしてもうまくいきません。必要な要素をしっかりと抽出して必要な機能を得ることが不可欠です。少し時間はかかりますが、怪我なく、最大限のパフォーマンスが出るためのお手伝いをフィジカルプラスでは行っています。野球に限らず、スポーツの痛みなどでお困りの際はご相談下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

地域の特集ページに掲載されました!