施術について

フィジカルプラスのアプローチ(施術)

フィジカルプラスでは、痛みの原因となっている、意識しづらい姿勢や動作のクセを中心に調整を行います。エクササイズを通して動作のバリエーションを増やしていくことで痛みは変わります。不必要に固くなってしまった筋肉の柔軟性向上、これまで上手に使っていなかった筋肉が使えるようになると、身体に負担が少なくなり痛みが解消します。

普段の姿勢だけでなく、立つ、歩く、などの日常動作も一緒に再考して頂き自分自身の身体についてもっと知って頂けたらと思います。

理学療法士にとって専門である姿勢・動作、基礎医学などを活かした施術、エクササイズを指導、ご家庭などで実践していただくと動作のバリエーションが増え、負担の少ない姿勢や歩き方、立ち上がり方などの動作が早く身についていくので知らず知らずのうちにカラダの不調が解消していきます。

整体、カイロでは解決できない動作の問題を解決します

フィジカルプラスをオープンする以前からスポーツトレーナーとして様々なスポーツ活動に携わっていたことで、既存の治療院などで解決できない、整形外科での画像診断等でも問題が見当たらないような事例を沢山経験させて頂きました。

整体やカイロなどの既存の治療院では、筋肉をほぐす、ストレッチを行う、温めたり電気治療を行う事が中心となっていますが、実際には一時しのぎにしかなりません。「動作」という視点そのものがなくいつまでたっても決まった動作を繰り返してもとに戻ってしまうことがあります。

痛みを防ぐ、再発予防するためには、筋肉をほぐすだけでは解決できません。フィジカルプラスの施術は本来、医療という枠組みの中で行うべき内容もかなり含まれていますが、現在の保険診療という枠の中では「予防する」という部分に対してはどうすることもできません。リスクが少しでも少ない段階で正しい動作を学ぶと痛みを解消し、再発を予防することが出来ます。

ポイント1「姿勢と動作」

フィジカルプラスで重要視するのは、普段誰もが行う姿勢や歩き方を中心とした「日常の動作」です。 画像診断で問題のない若年層を中心とした原因のはっきりしない痛み、医療機関にかかっていても中々改善しない痛みの要因には普段の「姿勢」や「動作」が深く関わっている、と感じています。

多くの方が、痛みを生じさせる原因となる姿勢や動作を、日々の生活の中で気が付かないうちに行っています。 それらをチェックし、必要に応じて変え、バリエーションを増やすことでカラダの不調を解消することを目指していきます。

無理やりほぐしたり、ストレッチをしたりすることなく動作のバリエーションを増やすように運動指導していきます。動作から見るというもっとも理学療法士が重視する部分でもあります。

原因のはっきりしない不調や痛みこそ、普段の姿勢や動作を意識した施術、エクササイズ、トレーニングが必要だと考えています。

 

ポイント2「運動学習」

フィジカルプラスのアプローチの中で重要視しているもののもう一つに「運動学習」があります。痛みが出始めるまで無意識のうちに負担をかけてきた運動や姿勢、動作に変化や多様性を与え、適切なカラダの使い方を学習するという考え方になります。運動学習という考え方は理学療法を行う上でも非常に重要で、痛みや不調の原因となっている動作の癖を取り除くには必要不可欠であると考えています。

また、認知行動療法などに代表されるような範疇になるかと思いますが、脳は実は騙されやすく、たとえ痛みを作る原因となる姿勢や動作であっても、無意識に継続していくと、感覚のズレが生じてきてそれを問題のないものであると勘違いしてしまうことがあります。そのため、治療などによって痛みが一時的に軽減しても、時間が経つと以前と同じ動作を繰り返してしまうことで痛みや不調を繰り返してしまいます。そのため根本的な解決には、姿勢や歩行など本当の意味での動作の質の向上を目指し、「運動学習」を行うことが有効になると考えています。