フィジカルプラス代表プロフィール

ごあいさつ

フィジカルプラスのホームページにお越し頂きありがとうございます。ここ下関で理学療法士として、14年間でのべ4万人以上の運動機疾患、脳血管疾患、神経疾患等の患者様のリハビリ業務に携わってきました。医療機関では高齢者を担当する事が多く、多くの股関節疾患、膝疾患、脊柱疾患等の痛みでお困りの方 の保存療法、術後のリハビリテーションに携わってきました。

医療機関では通常痛みの訴えがある場合、多くはレントゲン等をとり、消炎鎮痛剤を処方してもらう、必要に応じて筋力トレーニングをしたりしながらしばらく様子をみましょうと言われます。しかしながら具体的な方法を個別に指導してくれるところは少なく、たとえ理学療法士が在籍していても自分でしっかりとやって下さいなど、患者さん任せの指導で、長引く痛みや動作の問題に疲れて果てて諦めてしまうこともあります。

ところが、理学療法士としての経験を7年ほど積んだ頃から、スポーツ活動に関わりだしたことで実際には筋力の低下や筋出力のバランス不良、姿勢不良、動作のバリエーションの欠如などが原因とと考えられる痛みが多いことに気が付き、リハビリテーションの場でもこれらを考慮した運動療法を行うとどんどん良くなる方が多くおられました。中には自己流トレーニングを頑張りすぎてかえって悪化させてしまう方もおられましたが、無理なく丁寧に行うほうが解決への近道であると考えています。

きっかけづくりがカラダを変える

元々、理学療法士の仕事はきっかけづくりだと思っています。

実際に母校や国体でのトレーナー活動ではちょっとした「きっかけ」で急に結果が出始めるということを多く経験しました。トレーナー活動では特に若い世代に関わりが深く、その結果、理学療法士としてのアプローチの幅も広がり、もっと若い世代や早い段階で関わりたいという気持ちが沸き上がってきました。

このような経験をしたことで、医療機関に入院中の高齢者中心に関わるよりも、リスクの少ない早い時期から関わる事が出来れば、痛みや運動機能、スポーツパフォーマンスの低下などのお困りごとに対して私自身が「きっかけ」になれるのではないかと考えはじめ、医療の世界を飛び出して現在に至ります。

どんな些細な事でも結構ですし、メールでもご来店でもご質問やご相談がございましたらいつでもお気軽に御尋ね下さい。


フィジカルプラス代表 理学療法士 

コンディショニングアドバイザー 

木村 柄珠(きむら へいじゅ)略歴

1976年 下関生まれ

1998年 3月 宮崎リハビリテーション学院 理学療法学科卒

1998年 5月 医療法人 親和会 織畠病院 入職

2005年 4月~2014年3月 山口県立豊浦高等学校 男子バレー部 トレーナー

2012年 4月 医療法人 親和会 織畠病院 退職

2012年 5月 フィジカルプラス設立

2012年より 国体山口県チームテニス競技、バレーボール競技帯同トレーナー

好きな言葉

取得資格

すぐ役立つ事はすぐ役立たなくなる
継続は力なり
楽な事は楽しくない

理学療法士免許
福祉住環境コーディネーター2級
山口県体育協会認定トレーナー

その他 経歴

2012年~2016年 国体帯同スポーツトレーナー(テニス競技成年男女)
山口県バレーボール協会、山口県ウエイトリフティング協会講習会等、各種コンディショニング講習会、部活動支援事業に関わる。
野球、器械体操、陸上、バレーボール、水泳、サッカー、ウエイトリフティングなどインターハイ、国体などの全国大会出場レベルの主に中高生のスポーツ活動に関わる。

平成27年度山口県運動部活動支援・運動習慣改善事業 など

 

下関/長府/整体/理学療法士/木村柄珠/フィジカルプラス