股関節(足の付根とお尻)の痛み

女性の足の付け根とお尻の痛み

女性の股関節は要注意です

30代~50代の女性に股関節のトラブルが多いことをご存知でしょうか?

痛みがある場合、関節可動域の制限や歩き方にも特徴があり、痛い方の足が横に開く、カラダが左右に大きくゆれる、おしりを後ろに引いて歩く(立つ)など筋肉のバランスや動きのバリエーションが少なくなった状態となっています。

特に臼蓋形成不全や変形性股関節症がある足の付根やお尻の痛みのほとんどが、生活習慣や姿勢、歩き方などが原因で悪化することがあるため注意が必要です。

股関節が痛み始める場合きっかけがあります

特別な疾患がなくとも股関節の痛みの出始めには何らかのきっかけがあることも多く、ヨガや太極拳、マラソンなどスポーツ活動をはじめたり、出産や育児などの生活スタイルの変化があった際に起こりやすいといえます。

股関節疾患の診断の有無にかかわらず、問題のある筋肉にしっかりとしたアプローチを行うと姿勢や動作が整い股関節の痛みは解消します。

 

日常生活に支障が出る前に早めの対処を

休むと痛みが取れる、疲れると一時的に痛みが出るなどの場合は良いのですが、そのままにしておくと深くしゃがめない、歩くと股関節がしばらく痛む、長時間立っていられないなど日常生活にかなりの制限をもたらし、何気ない日常生活が辛くなってきます。

このような状態になるまえにカラダを整えることが大切です。

股関節の左右の開きに差がある

痛みだけでなく違和感のある方は股関節の可動性の左右差に気が付いていますが、痛みがない(もしくはすぐ取れる)とそのままにしておきがちです。

実際にはその時点で股関節を中心としたカラダの機能に問題が出ていると言えます。

関節可動域は一度狭くなるともとに戻すことは大変困難です。

左右の差がが強ければ早めにご相談ください。

股関節に痛みが出ている

股関節に痛みが出た時にはすでに、本来の股関節機能を十分に発揮できていません。

どこがうまく使えていないのか自分で気がつくことはまれです。

うまく使えていない部分はどこなのかをしっかりと確認せずにやみくもに筋トレを行うと悪い癖を一段と強くし、痛みが酷くなることがあります。筋トレなどは安易に行わうのではなく早めにご相談ください。

立ち方、歩き方に違和感がある

最初のうちは痛みが出ても、時間が経つと取れていきますが、繰り返すことで徐々に痛みが取れづらくなってしまいます。

自分自身で立ち方や歩き方を変えることは難しく、正しい知識を基に立ち方、歩き方の練習が必要です。

痛みがなくても違和感を感じたら早めにご相談ください。

自己流で股関節の痛みを改善することは難しく、痛みを我慢しながら無理やり動かしたり、筋力をつけるためにプールに通う、杖をつくなどしても実際には痛みが解消することは難しいです。

違和感を感じたらまずは病院へ

ほとんどの方は臼蓋形成不全や変形性股関節症を指摘されてフィジカルプラスへお越しです。

上記のような股関節疾患がある場合は安易に整骨院、整体、カイロプラティックで施術だけ行っても解決しないことが多く、状態を悪化させてしまう方がおられます。

まずは信頼できる医療機関で正しい診断を受けてみましょう。フィジカルプラスは股関節疾患のリハビリ経験が豊富です。

変形性股関節症の方はこちらもどうぞ

臼蓋形成不全の方はこちらもどうぞ

 

医療機関でリハビリがうまく行かない場合

医療機関において長期の股関節疾患のリハビリ(保存療法)を経験した理学療法士は医療制度により少なくなっています。

股関節の痛みで困っている方でも、股関節疾患だけでなく、術後のリハビリの日数制限内に痛みが思ったように取れずご相談に来られる方がいらっしゃいます。

医療機関でしっかりリハビリを頑張ったにも関わらずうまくいかないと感じたらご相談下さい。

フィジカルプラス下関では姿勢と動作のチェックを行い、必要に応じて自宅で出来るホームエクササイズも指導しています。

ホームエクササイズを活用することで短期間で再発することなく、快適な生活を送ることが出来ます。

まずは無料相談からどうぞ

予約状況を確認する >

下関/長府/整体/股関節痛/臼蓋形成不全/ストレッチ/体幹/筋トレ/保存療法/フィジカルプラス