長引く腰痛でお困りの方

原因のはっきりしない腰痛で途方にくれていませんか?

整形外科に行っても、原因がはっきりしない慢性的な腰痛がストレスになっていませんか?

4週間以上腰痛が続いていて、自分自身でもいつも同じような動作や姿勢を繰り返して気になったりしているからは以下をお読み下さい。

医療機関において、椎間板ヘルニアや変形性脊椎症、など脊椎疾患の患者様の治療に携わってきましたが、ほとんどの方では、動作、姿勢、特に腰椎から骨盤、股関節周囲の可動性に特徴があり、本来動くべき所がうまく動かず動きのバリエーションに乏しくいつも決まったパターンで動作を行なっている方たちでした。

原因のはっきりしない腰痛(非特異的腰痛)やストレスでは?と言われたり、ヘルニアだから仕方ないなど言われる方も多くおられましたが、実際に詳しく見ていくと筋肉の問題であることが多く、動きのバリエーションを増やす施術と動作訓練で、快方に向かう方もいました。

特に原因となる問題がないのに、中々良くならないのは姿勢や動作のパターンなど日常生活における問題を多く抱えている場合があります。慢性化する前に出来るだけ早めの対処が必要です。女性では腰痛と思っていたら股関節に問題があることもあるため注意が必要です。

女性の腰痛は股関節にも原因があることも・・・ >

予約状況を確認する >

椎間板ヘルニアの保存療法 >

腰痛は安静にしていてもとれません

しばらく様子を見ましょうと言われて途方に暮れていませんか?

整形外科等でレントゲンを撮ったけどどこも異常がない。痛み止めやシップだけで一向に良くならない。習ったストレッチをしているけど良くならないこのまま様子を見て良いのかどうか悩むところです。

多くの場合は動作のバリエーションの欠如など姿勢や動作に問題を抱えています。通常腰痛は4週間以内に痛みが軽減されることが多く、しばらく様子を見ていても痛みに変化がなければ他の方法を探しましょう。

画像診断で問題なければ筋肉や姿勢に問題がある

画像診断で問題ないというのは実は良いことなのですが、みなさん悩みます。少なくとも画像に写る組織には問題がないということがはっきりしていますのでまずは安心することです。

そこで考えてほしいことはご自分の姿勢を見てどう感じるか?今時分の感じている痛みはどのような痛みなのか?ということなのです。組織自体に特に問題がなければ原因は姿勢や動作などカラダの使い方の可能性が高くなります。このような場合は痛み止めや湿布などでは改善は難しいでしょう。

慢性的になると脳機能に影響を及ぼし、悪化することも

慢性の腰痛では姿勢や動作のクセだけでなく、脳の中にある痛み刺激を感じる特定の部位の機能が低下したり、その痛みを伝える神経の伝導路も変化してしまうことがあります。どこに意識が向いているか?によって痛みの度合いが変わってくるのが慢性痛の特徴で、実際に一生懸命何かを行っている時には痛みを感じていない事が多いのです。このような痛みはストレスによって痛みが強くなります。4週間以上続けば早めに対処したほうが早く良くなります。

痛みが多少あっても正しく動かす事で改善が見られます

フィジカルプラスのコンディショニングでは腰痛などの痛みを解消するために必要な姿勢と動作を中心に指導しています。繰り返し行うことで日常的に行っているまずい動作が変わると劇的に痛みがなくなります。

実際には痛みでお困りの方が多いのですが、はじめのうちは痛くても動けるという認識をもち、必要以上にかばったりしない事のほうが大切です。こうすることで脳の機能低下を抑えることが出来ます。痛みだけにフォーカスを当てすぎず、動作のバリエーションを増やしていく事で姿勢や動作に変化が生まれ原因のはっきりしない腰痛は解決します。

まずはフィジカルプラスにご相談下さい。

予約状況を確認する >

 

下関/長府/整体/腰の痛み/腰痛/膝痛/骨盤/ストレッチ/体幹/ストレス/保存療法/フィジカルプラス