4週間以上続く腰痛でお困りの方

腰痛で途方にくれていませんか?

レントゲンをとっても、原因がはっきりしない腰痛がストレスになっていませんか?

4週間以上腰痛が続いたら、以下をお読み下さい。

医療機関において、理学療法士として椎間板ヘルニアや変形性脊椎症、など脊椎疾患の患者様の治療に携わってきましたが、動作、姿勢、腰椎から骨盤、股関節周囲の可動性に特徴があり、いつも決まったパターンで動作を行なっている方たちばかりでした。このような方では痛みが続き慢性化しています。

画像診断上問題がないのに、痛みが続くときは日常生活における問題を抱えています。慢性化する前に動作のパターンを変えましょう。

女性では腰痛だとと思っていたら股関節に問題があることもあるため注意が必要です。

女性の腰痛は股関節にも原因があることも・・・ >

予約状況を確認する >

椎間板ヘルニアの保存療法 >

安静では腰の痛みが取れない

様子を見ましょうと言われて途方に暮れていませんか?

整形外科等でレントゲンを撮ったが異常がない。痛み止めやシップを使うだけで良くならない。ストレッチをしても状態が上向かない。

動作のバリエーションの欠如など姿勢や動作に問題を抱えていることが考えられます。通常、腰痛は4週間以内に痛みが軽減されます。様子を見ていても痛みに変化がなければ他の方法を探しましょう。

画像診断で問題ないのに問題があるのか?

レントゲンなどの画像診断で問題ないというのは良いことですが、みなさん悩みます。画像に写る組織には問題がないということがはっきりしていますので安心して下さい。

組織自体に問題がなければ原因は姿勢や動作などカラダの使い方に問題があると考えられます。このような場合は痛み止めや湿布だけでは改善は難しく、慢性化してしまいます。

脳機能に影響が出る慢性化は悪化する

慢性腰痛では姿勢や動作のクセだけでなく、痛みを処理する脳機能が低下を起こし、痛みを伝える神経の通り道も変わるため、どこに問題があるのかを複雑にします。どこに意識が向いているか?で痛みに違いがあるのが慢性痛の特徴です。

一生懸命何かを行っている時には痛みを感じていない経験をしたことがあると思います。ストレスによって痛みが強くなるため、4週間以上痛みが続けば早めに対処しましょう。

正しく動かすと頭の中身まで変わります

フィジカルプラスのコンディショニングでは腰痛を解消する姿勢と動作を指導しています。繰り返し行うと日常的に行っている動作が変わり痛みのことを忘れます。

はじめのうちは「痛くても動ける」という実感が必要です。かばいすぎないことで脳機能の低下や過敏な神経の反応が抑えられます。動作のバリエーションが増えると姿勢や動作に変化が生まれます。

まずはフィジカルプラスにご相談下さい。

予約状況を確認する >

 

下関/長府/整体/腰の痛み/腰痛/慢性腰痛/骨盤/ストレッチ/体幹/ストレスの痛み/フィジカルプラス