4週間以上続く腰痛で困ったらご相談ください

長引く腰痛で途方にくれていませんか?

姿勢と動きが変われば楽になってどんどん動けます

整形外科等でレントゲンを撮ったが異常がない。痛み止めやシップを使うだけで良くならない。ストレッチをしても状態が上向かないなどで困っていませんか?もんだり、さすったりは諦めて、腰の痛みがなくなる姿勢と動き方をマスターしてみませんか?

4週間以上痛みが続いたら要注意!

通常、腰痛は4週間以内に痛みが軽減される事が多いのですが、理学療法士のしての経験から、腰痛が長引く方では、動作、姿勢、腰椎から骨盤、股関節周囲の可動性の低下や、決まったパターンの動きがみられます。

画像診断上問題がなく、痛みの続く方ではこのような決まったパターンを変えなければ、痛みがなかなか良くなりません。

もんだりほぐしたりしても痛みが取れないのはこのようなパターンを繰り返していると考えられます。

画像診断で問題なければ姿勢と動き方を変える必要がある

レントゲンなどの画像診断で問題ないというのは良いことです。

画像に写る組織には問題がないということがはっきりしていますので安心して下さい。

組織自体に問題がなければ原因は姿勢や動き方など普段のカラダの使い方に問題があると考えられます。

フィジカルプラスのコンディショニングでは姿勢と動き方を指導し腰痛を根本的に解決します。

予約状況を確認する >

椎間板ヘルニアの方はこちら >

脳機能に影響が出て悪化するまえに

どこに意識が向いているかによって痛みに違いがあるのが慢性痛の特徴で、ストレスによっても痛みが強くなります。

気になる痛みがあっても、一生懸命何かを行っている時には痛みを感じていない経験をしたことがあると思います。

慢性的に腰痛が続くと、痛みを処理する脳機能が低下を起こし、痛みを伝える神経の通り道まで変わってしまい、どこに問題があるのかを複雑にします。

そのため、腰痛が4週間以上続いたら早めの対処が必要です。

カラダを正しく動かすことが解決の近道になります

痛みが続くとついつい安静にしがちですが、はじめのうちは「痛くても動ける」という実感が必要になります。

正しくカラダを動かしていくことで、脳機能の低下や過敏な神経の反応が抑えられます。

動きのバリエーションが増えると姿勢や動作に変化が生まれ思っていたよりも腰痛は簡単に解決します。

カラダが思うように動かせていないと感じたらフィジカルプラスにご相談下さい。

※女性では腰痛だとと思っていたら股関節に問題があることもあるため注意が必要です。

女性の腰痛は股関節に注意・・・ >

椎間板ヘルニアの方はこちら >

予約状況を確認する >

 

下関/長府/整体/腰の痛み/腰痛/慢性腰痛/骨盤/ストレッチ/体幹/ストレスの痛み/フィジカルプラス