腰椎椎間板ヘルニアの保存療法

椎間板ヘルニアによる下肢の痛みをどうにかしたい方へ

最近ではすぐには手術にならない事が多くなっている腰椎椎間板ヘルニア

通常、腰椎椎間板ヘルニアと診断を受けても保存療法の選択が基本となります。これは飛び出した椎間板は時間が立つと自然に吸収されるからで、最近ではすぐに手術となるのはMRI等の画像診断で明らかな圧迫があり、膀胱直腸障害と呼ばれる排尿や排便の障害や明らかな下肢の筋力の低下がある場合となります。そのため、ヘルニアの吸収を待つために痛みを長期にわたって我慢しなければならない事例が増えている印象があります。

予約状況を確認する >

腰や下肢の柔軟性が招く余計な痛みは取り除けます。

椎間板ヘルニアの痛み方や状態は人によって全く違い対処法も様々です

腰椎椎間板ヘルニアの方では、腰や下肢の柔軟性が乏しい方が多く、ヘルニアの起きている部分の炎症反応等により痛み自体がより強くなってしまうことがあります。元々もっているアンバランスな筋肉、姿勢や動作のクセ自体が痛みを誘発しやすくなってしまうのです。直接ヘルニアと関係のない痛みは姿勢や動作を変えると軽減することを多く経験しています。また痛み方や状態は人によって全く違い、医療機関などで指導されプリントにして渡されるような、いわゆる腰痛体操をするなどの対策ではうまくいかない方も多くおられます。

医療機関では上記のような方針で保存療法を進めていくことが多いと思いますが、なかなか快方に向かう方は少なく、理学療法士の立場として関わってきた結果、実際にはヘルニアによって出ている痛みと直接関係のない痛みと考えられるものが多くあり、詳しく見ていくと神経の支配領域と違う部分に痛みが出ていることが多くありました。こういった場合は当然痛みの原因がヘルニアそのものにないことが考えられます。実際にひとりひとりの状態にあわせたストレッチやエクササイズを行うことで問題となっている痛みが減少していく様を多く経験しています。

痛みだけでなく機能を落とさない事も考慮しておかないと場合によっては大変なことに

椎間板は背骨の間にあるクッションの働きをしていますが、腰椎椎間板ヘルニアでは何らかの変性が起き腰の位置を通る神経を椎間板が圧迫することで下肢痛などを引き起こします。腰の神経は主に下肢を支配しているためその部分の筋肉の麻痺や感覚の異常を起こしてします。当然ながら筋力の低下等も起こるのですが、神経を圧迫しているため体の外から何かを行ったからといってそれはすぐに解決しません。ただし、必要以上に筋力や関節の可動性を起こさないようにすることは大切で、放っておくといつまでも下肢がうまく動かないなどで困ることが有ります。痛みだけでなくヘルニアの状態が落ち着くまでは特に気をつけなければなりません。このように機能面に対しても注意をしましょう。

痛みだけでなく、機能面を含めた全体を重視した方法がベストです

正しい医学的知識を持っている専門家にご相談を!

原因がはっきりとあれば、すぐに解決しないのは正しい知識を持っていれば当然なのですが、長引く痛みで困るとどうにかして欲しいという思いがつよくなり、藁をもつかむ思いで治療院巡りを始めてしまう方がおられます。インターネットなどの情報に振り回されたりせず、正しい知識を持った専門家に相談することが大事です。

実際に腰椎椎間板ヘルニアの診断を受けていても、痛みがすぐに解消する方がおられます。本当にその痛みの原因は椎間板ヘルニアであるのか確認することも大切です。そのためにも痛みだけでなく機能面に対しても十分な知識を持った専門家の力を借りましょう。

理学療法士として医療機関での腰椎椎間板ヘルニアの保存療法の経験が豊富です。

医療機関で診断を受けていているが、何をしてよいかお困りの方はすぐにご相談下さい。

予約状況を確認する >

下関/長府/整体/椎間板ヘルニア/腰痛//ストレッチ/体幹/保存療法/フィジカルプラス