肩関節周囲炎(五十肩)

姿勢が変わると痛みが解消する

シップや痛み止めでは解決しない肩関節周囲炎の痛み

肩が痛くなると、シップや痛み止めなどをもらって様子を見られている方がいます。

肩の動きが徐々に悪くなり自由に動かせなくなる方では、肩甲骨を含む肩全体の動きに問題があります。

痛みを軽減することは重要ですが、正常な肩の動きには胸椎や肩甲骨の可動性が十分にあることが条件となります。これが変わらないといつまで経っても痛みが取れないとういことが起こります。

まずは無料相談から >

肩こりの方はこちら >

予約状況を確認する >

痛くても動かさないとだめ?

我慢し続けると元通りにならないことがあります

痛みを我慢して無理やり動かしていると、他の部位に痛みが出てきたり、余計に痛みが強くなったりすることがあるので注意が必要です。

しかし、痛みをかばったまま動かさずにいると、関節の拘縮を起こし元通りに動かなくなることも有ります。

一度失われた関節可動域を取り戻すにはかなりの労力を必要とするため動きが悪いと感じたら早めにご相談ください。

眠れないほどの痛みは悪化のサイン

寝ていて痛みで目が覚めるようになったら要注意です。

そのまま放っておくと睡眠不足に陥りストレスによって余計に痛みが強くなってしまいます。

慢性痛はストレスによって増悪することがわかっています。

夜間痛みで目が覚めるようになったら痛み止めなどが効きづらくなっています。早めに良い体の動かし方を身に着けましょう。

痛みの原因は肩以外にあることも!?

肩関節周囲炎では痛みのある部分だけもんだり、ほぐしたりしても痛みが取れないことがあります。

これは肩だけでなくその他の部位にも機能低下があり本来の機能が発揮できないからです。

痛みが強い例では肘や手首にも問題を抱えていることがあり、機能面を重視したエクササイズも併用しなければなりません。

フィジカルプラスでは、関節機能の低下を最小限にし、痛みの出にくい動きを身につけるために正しい動かし方も指導します。

手が後ろに回りにくい、洋服を着にくいなど感じ始めたら痛みが強くなる予兆ですので早めにご相談ください。

予約状況を確認する >

信頼できる医療機関で診断を受ける

いわゆる五十肩と思って様子を見ていると、実際には違う疾患であることがあります。

石灰沈着性の腱板炎、腱板断裂などの手術適応となる疾患の場合があります。

自己判断せずにまずは医療機関を受診することをオススメします。