膝の痛みと変形で困ったら

生活習慣や姿勢を整えいつまでも自分の足で歩くために

まずは信頼できる医療機関での診断が大切です

膝の痛みを解消するにはまずは原因疾患をはっきりとさせることが大切で、半月板を損傷していたり、靭帯損傷など、保存療法の適応になるのかどうなのかを判断するために信頼できる医療機関を受診して下さい。関節の状態が悪く場合によっては手術を薦められることもあるかもしれませんが、変形性膝関節症ではまずは保存療法が第一の選択肢となりますので、落ち込むことなく、諦めずにまず情報収集に努めると良いと思います。

膝が痛い

長い間、膝関節疾患の患者様の治療に携わってきましたが、術前術後に関わらず痛みのほとんどが、姿勢や動作が原因で痛みを悪化させていると感じていました。

レントゲン上膝関節に問題が合って軟骨がすり減っていても、痛みがない方もいましたし、反対に問題がなくてもなかなか取れない痛みがあったりもしました。変形などがある場合は初期の段階でそのままにしていると、関節可動域が急激に減少し、痛みのためにしゃがめない、階段を降りれない、杖なしでは歩けないなどの日常生活に支障をきたします。変形の度合いは痛みに直結しないため注意深く見守る事が大切です。

変形性膝関節症の施術内容について >

予約状況を確認する >

膝の痛みが出て3ヶ月以上過ぎたら

安易な筋トレやダイエットでは痛みは取れません

医療機関を受診し、トレーニング指導を受けたり、体重を落としても痛みはとれないことも多く、トレーニング内容についても旧態然とした古い内容であることがあります。長期間、医療機関等で膝のリハビリを行っていても変化を感じられない場合は出来るだけ早くご相談頂くことで苦痛を取り除くことが出来る可能性があります。

多くの膝の痛みの根底には姿勢や動作のくせなどの原因が考えられるのですが、真面目で頑張り屋な方ほど、ジム通いを頑張りすぎてかえって痛みを強くしてしまうことがあります。残念ながらジムはトレーニングの専門家であり、理学療法士と比べれば疾患に対しては全くの素人です。自己流で行っている場合もそうですが、本当に正しいのかどうなのかは専門家に確認をすることが必要だと思います。実際には膝の使い方を変える事でよくなる方がほとんどです。

また膝の痛みがあって変形の強い方でも、筋力は正常な方が多くおられることから、筋トレが即有効とはいえない現実があります。

プール通いでは膝の痛みは取れない

数年にわたって盲目的にプール通いをしている方がおられますが、痛みを取るという点に関して言うとあまり意味がありません。もちろん体力を維持向上するためや体重を落とすためであれば効果があると思います。プールの中では地上と比べ負荷が減り歩きやすいですが、現実として問題となっているのは地上でのことですので、あまり意味が無いと言えるでしょう。

膝の痛みをとるために必要なこと

膝に痛みを抱えると、動作の偏りが強くなりやがて姿勢はより崩れ、筋力もおとろえてえてしまいます。特に変形性膝関節症の方は、股関節と足部の機能が低下がある事も多く本来の機能が発揮できていません。経験上、特に股関節から膝にかけてつながっている筋肉にトラブルが多く、膝関節だけに施術を行ってもなかなか痛みは取れません。膝の痛みの原因は人それぞれですので、お困りであれば、一度フィジカルプラスにご相談下さい。

理学療法士は関節や筋肉などの機能などの専門家です。

予約状況を確認する >

 

下関/長府/整体//膝痛/膝のリハビリ/変形性膝関節症/ストレッチ/膝の筋トレ/保存療法/フィジカルプラス