コンディショニングコース

肩こり・腰痛・膝痛・股関節痛で困ったら

 

肩こり・腰痛・膝痛・股関節痛などの痛みによる不調でお困りの方

もんだりほぐしたりしても中々取れない痛みにはコンディショニングとエクササイズを組み合わせるとこれまで行っていた負担のかかる動作が変化し、短期間で痛みなどの不調が解消します。整体や治療院などでただもんだりしてもなかなか結果がでないのはカラダ全体からの影響を無視しているからかもしれません。普段ご利用の治療院などでなかなか痛みが取れないとお困りの方、姿勢や動作については理学療法士が最も得意とする所です。まずはご相談下さい。

↓↓↓腰痛・股関節痛・五十肩・変形性膝関節症などで困っていませんか?↓↓↓


股関節痛、おしり、すねが痛む >

レントゲン上股関節に問題が合っても、必ずしも股関節に痛みが出るとは限りません。はじめのうちは腰痛・おしり・すねの外側の痛みが出ることがよくあります。腰の痛みがいつまでもとれずふとしたきっかけで、股関節を診てもらうと問題があったということは現実にもよくあります。股関節の関節可動域が知らず知らずのうちに狭くなり靴下が自分で履けない爪を自分で切れないなどの日常生活に支障をきたします。

五十肩?痛みで眠れない >

シップや痛み止めなどをもらって様子を見ていても、徐々に肩の動きが悪くなり自由に動かせなくなる事があります。肩の機能不全を起こすと、肩甲骨を含む肩全体の動きに問題が出てきます。痛いのに無理やり動かしたりしてもかえって痛みを強くしてしまいます。まずは関節可動域の確保と正常な肩の動きが必要になります。

膝が痛む >

変形性膝関節症の方などで痛みの有る方ではヒアルロン酸注射などで様子を見ている方が多くおられ、原因としては主に加齢、肥満、運動不足などが挙げられますが、多くは膝の痛みの強さに変形の度合いはあまり関係なく、腰椎や股関節、足部の関節可動域や筋バランスを整えるだけでも日常生活が楽になります。手術するほどではないが痛みが3ヶ月以上続いていたらご相談下さい。

原因のはっきりしない腰痛 >

腰痛が続いていて、画像診断等で原因のはっきりしない場合普段の姿勢や動作に問題を抱えている場合があります。ほとんどの方が動作のくせによって痛みの出やすい動作を無意識に行っています。本来持っている正しいカラダの使い方を身につけると驚くほど調子が良くなります。3ヶ月以上腰痛が続いたらご相談下さい。

姿勢の悪さと肩こり >

猫背姿勢が気になって肩こりがなかなか良くならない方がいます。慢性的な肩こりは生活習慣や姿勢に問題を抱えている場合があります。姿勢が原因と考えられる肩こりはもんだりほぐしたりしても一時的なもので中々良くなりません。3ヶ月以上肩こりが続くときはご相談下さい。

予約状況を確認する >

コンディショニングコースを受けると

・知らず知らずのうちに体の不調が軽くなります

・今までよりも活動の範囲が広がります。

・気が付かないうちに姿勢が良くなり、それが身につきます。

コンディショニングコースの流れ

1.はじめにお身体についてお聞きします。

2.お聞きした内容から痛みの出る姿勢や動作をチェックし痛みの原因をさぐります。

3.必要に応じで全身の関節や筋肉、筋膜などの状態を細かくチェックしながら施術を行います。

4.問題となっている姿勢や動作に対して必要なエクササイズを行います。

5.最後に痛みの状態をお聞きします。

3ヶ月以上続くような原因のはっきりしない腰痛や膝痛、股関節痛などをお持ちの方のほとんどは動作に様々な問題を抱えていることがあります。このような方にしっかりとした痛みの変化をもたらすには、関節の動きはもちろんのこと、筋力や筋肉のバランス、筋膜などの軟部組織まで考慮して整えなければ中々良くなりません。

実は脳や筋肉、神経とのネットワークが完成されるまでには2週間から4週間かかると言われています。このネットワークがうまく機能するとこれまで痛む原因となってきた部分を使いすぎることなく、正しい動作を行えるようになります。実際には動きのクセを変えるには3000回以上の練習も必要と言われています。つまり腰痛や膝痛、股関節痛などでもんだり、さすったりしても良くならない場合はこのネットワークをしっかりと作ってあげることが大切になります。

変形性の疾患では手術をするほどではないが、なかなか良くならない場合は出来るだけ早く対処することが大切ですが、痛み方は人それぞれで、少し軽くなったりすると放置しがちです。少しの不調を放置せずに早めの対処を行うことで体に掛かる負担が減り、日常生活が気持ちよく送れる様になります。

下関で肩こり、腰痛、膝痛、股関節痛などで継続して3ヶ月以上の治療をしても変化のない方はご相談下さい。